働き方改革・・・

政府も官僚もほんとに無責任・・・

働き方改革の趣旨は分からないでもありませんが、単なる数量規制だけで、実態は全て民間企業の経営者と社員任せ・・・

私は会社創業以来、43年間、どうすれば働く立場の人たちの生活を豊かに、安心して楽しく働いてもらえる会社を創ろうかと悩み苦しみ続けています・・・

努力の結果、弊社では少なくとも毎年の給与昇給、賞与支給、休日増加、残業減少、福利厚生の充実など、出来る限り目に見えるように還元させてもらっています・・・

そんなことは経営者として当たり前のことで、政府に言われるまでのものではありません・・・(-_-)

しかし、政策で法律で縛るやり方はまるで、滑走路も造らず、いきなり飛行機を飛ばしたり着陸させようと言うようなもんやなー・・・

例えば、下駄箱を用意して氏名を付ければ、何も言わなくてもそれぞれの場所に履物を出し入れします・・・

いわゆる仕組み作り・・・

賢いと言われる官僚のみなさん方何か問題意識が欠けていませんかねー・・・(-_-)

少しは賢い頭で、知恵を使って、民間企業が無理なく働き方改革出来るように仕組みも考えて欲しいものですな・・・

民間企業は自力で売り上げを作り、利益を作ることが出来なければ、給与も税金も支払い出来ないのです・・・

特に中小零細企業は努力が全て成果に変えられない力不足もあります・・・

働き方改革、やれと言うなら、簡単な方法、企業の社員、従業員の給与補償をしてもらえたらパーフェクトに目的を達成出来ますよー・・・(*^^*)

ところで、税務署の方が、消費税の軽減税率、内容がややこし過ぎて私たちも理解しずらく困っていますと言われていましたが、ゲームのようにややこしいことばかり、政府は何がしたいのかよくわかりませんなー・・・(?_?)

私は税金を払うのは国民の義務という考え方をしていますが、出来る限りシンプルにして欲しいものです・・・

消費税率UP、税金の使い方を改善して、ぜひ働き方改革に活かせる使い方をしてくれませんか・・・

お願いします・・・




2018年11月17日:1_仕事::koshio

理解出来ない隣国・・・

戦後70年を経て、日本は今の国がある・・・

若き頃、日々の食事にも事欠き、親が子供を育てるのに苦しんでる姿を見て、子供心に何とか親を助けてあげたいと言う思いをしていたことを思い出しました・・・

焼土の戦後、日本人はほんとによく働いて国づくりをしてきたと言えます・・・

そのような時代ですから、日本の財政事情も相当厳しい状況にあったものと言えます・・・

その厳しい財政事情の中から、韓国の国家予算に等しい賠償金を支払ってきたのです・・・

同じ年月を経ながら日本は国民が明日の繁栄を目指し、一致団結して世界の経済大国に成長させてきました・・・

その間、韓国も同様に年月を重ねてきたはず、日本は敗戦国と言われ、多数の国々に賠償金を支払いながら自力で国家の繁栄を実現してきました・・・

全ての責任は国家のリーダー、民間企業の経営者の資質にあり、なぜ自国のリーダーに指導者としての責任を問わず、他国に個人賠償の責任を問うのか、その国民性が全く理解できません・・・

弊社は電気設備工事と言う事業を行っていますが、社員が契約してきた仕事の責任は全て会社にあり、つまり経営者の私に全責任があります・・・

社員が契約したことだから、責任を取れないなんて言えばビジネスは成り立たなくなります・・・

社員や従業員の生活を守り、豊かにするためにも契約に基づいて責任を全うするのは経営者として当然のことです・・・

こんな初歩的なルール、いや、国家間の条約さえ無視するお隣の国家国民???・・・

どうにもよーわかりませんなー・・・(-_-)

もっと国の誇りを大切に持って生きることをお勧め致します・・・

私がもし、国家のリーダーならそのように国家国民の誇りを大切にする国創りに取り組みをしますね・・・


もし、私が反対の立場の国民であれば、私ならほんとにみじめで恥ずかしい行為だと思いますから・・・


2018年11月17日:1_仕事::koshio

能天気なハトポッポ元首相

能天気とも思われる元鳩山総理大臣・・・

何もすることが無いのか、国際問題や国内の紛争問題にチョッカイを出して醜態をさらしみっともない男ですねー・・・

私の個人的な評価は百害あって一利なしの人間・・・(>_<)

誰がこんな男を日本の首相に就任させたのでしょう・・・

亡くなられた弟さんは気概のある立派な男だったのに・・・

おとなしく隠居されていてくれた方が日本のためになると言えますが、金持ちの道楽で政治遊びをしてるようで始末が悪い・・・(-_-)

口先遊びばかりしていて、人手不足、人材不足の今でも社会の役に立たなくて、全く生産性が無い人間のように思えます・・・

国会議員に選んだ人達はどう思われているのでしょう???・・・

煮ても焼いても食えない・・・???

オジサンのような年齢の会社経営者から言えばこんな評価になりますなー・・・(^^)(^^)(^^)

2018年11月17日:1_仕事::koshio

安全・安心・快適・便利・・・

安全・あんしん・快適・便利・・・

これは弊社の経営理念に記載している文言・・・

電気は見えないクリーンなエネルギーですが、それ故に感電による死亡事故と言う非常に危険な一面も持ち合わせています・・・

弊社はお客様の電気設備や社会のインフラに必要なあらゆる電気設備を通じて、人や設備の最適環境を提供するお仕事をさせて頂いています・・・

プロであるがゆえに、その仕事で電気による感電人身事故や設備の不具合は絶対に起こしてはいけないことです・・・

先日、東京まで出脹し、低圧電気取扱特別教育の講師養成コースの研修を受講してきました・・・

我々は知識や技術的なことに関しては電気工事士免許を取得していますので、電気設備工事の仕事に関するプロと言う立場です・・・

しかし、その免許資格が作業の安全性に関しての知識教育を受けたものではなく、場合によれば不安全行動をして感電事故を起こしたりするリスクがあります・・・

まず、経営者として安全作業に関する必要な知識を学び、法令を学び、プロである社員や従業員の皆さんに電気設備工事の安全作業に関し、教育、指導などの必要な取り組みをすることが大切だと知りました・・・

講師として上手く教育や指導が出来るかわかりませんが、満んだ成果を活かして、経営理念に沿った仕事の出来る会社にしたいと思う次第です・・・(-_-)

久しぶりの東京はやはり人が多く、関西に比べれば確かに活気はありました・・・

しかし、ベトナムのホーチミンで感じたオーラのような活気ではなく、ただ忙しい、せかせかした雰囲気で少し失望致しました・・・


日本も大阪万博の当時はほんとに希望に満ち溢れ、人のオーラを感じることが出来たものです・・・(-_-)

ぜひ、もう一度あのような雰囲気を味わいたいものです・・・

それを体験できた我々の世代は幸せなのかも知れませんね・・・






2018年11月14日:1_仕事::koshio

いつまで一等国のつもり???

報道を読み、共産党さん、自民党有志のみなさん方、いつまで日本が一等国の夢想に酔っているのかしら・・・

あまりにもお人よしで、我々の税金で暮らしているうちに自国民の犠牲に気がつかなくなっているようですねー」・・・(-_-)

理想を追いかけるのは結構ですが、少子高齢化が急速に進む日本、次は三等国になろうかと言う時に、政治献金でも貰っているが如くの対応・・・

頑張って日本を作ってきた人たちの努力を台無しにしかねない発言・・・

あかんでしょー・・・

もっと自分の国に誇りを持てないようでは、綺麗ごとで済まないのが外交のはず・・・

ほんとに貴方たち政治家はどこか感覚がずれているのではないでしょうかねー・・・(-_-)

争いは好みませんが、理屈の通らないことにはきちんと相応の対応をすべきだと思います・・・

しかし、我が国の政治家のお人良しさにはあきれる思いが致します・・・

自国の政治家の不始末を理解出来ず、何でも問題を他国に押し付けて騒ぎまくる人たちの考え方もよく理解できませんね・・・

戦後70年を超え、我々多くの日本国民は死に物狂いで精一杯頑張って日本の国作りをしてきたのです・・・

うじうじと過去をいつまでも引きずる生き方、楽しいのかしらねー?・・・

若い世代が頑張って、自力で自分たちの国を誇りの持てる国にしたらよろしいのに・・・(-_-)

私が逆の国民なら意地でも施しを受けるようなみじめな行動はせず、今まで生きてきたように自国をより豊かにするために努力を続けるでしょう・・・
(-_-)

2018年11月13日:1_仕事::koshio

New Topics
11/17:働き方改革・・・
11/17:理解出来ない隣国・・・
11/17:能天気なハトポッポ元首相
11/14:安全・安心・快適・便利・・・
11/13:いつまで一等国のつもり???
Archives
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年05月
Search
Login
Links
新電機工業株式会社
SKITEM DESIGN WORKS