いよいよあかんで!製造業のユニクロ化

いよいよ製造業のユニクロ化が本格的に始まったようだ。日本人は赤信号みんなで渡れば怖くない。良くも悪くも方向が定まり、一度流れ出すと止められないのが日本人の国民性、それだけに間違った方向に行くなら、気がつけばみんな失業者。
本当に怖い不安を感じる経済状況になってきたと思います。新興国に比べ、高い人件費、厳しい労働規制、高い税金、これではいくら大手企業と言えど、世界の国々と対等の経済競争は無理、無理、無理。
大手企業の最善の対策は海外に転出すること?一流企業の社員と言えど、ある日突然職場が消える時代!。しかし、国内の居住地域でしか仕事が出来ない小規模の会社を経営する社長として、これはあかんでー。次はどうしょう?ほんとに正直な気持ちです。頼りにする政治家も政府 官僚もいまだに1等国の平成ぼけ?勘違い。選挙の勝ち負けだけしか意識がない。しかし国民自身もあなたまかせで、気がつけば「茹でガエル」では笑えませんねー。     何とかせなあかん、真剣に孫の世代を心配する零細企業経営者の独り言です。

2010年07月22日:1_仕事::koshio

co2、50%削減!蛍光灯照明器具の不思議,

CO2削減50%!本当なの?蛍光灯の消費電力が50%も削減出来る!本当なの?
誰でも疑いますよね。でも事実なのです。
私も最初はすごく驚きました。
技術は本当に素晴らしい不思議を実現させてくれます。
ぜひ、ホームページをごらん下さい。

2010年07月22日:1_仕事::koshio

電気自動車の時代なのでしょうか?

不思議な気が致しますが、電気自動車の走行時の機能性や安全性についてあまり話題になっていません。
車の動力が内燃機関のエンジンと呼ばれる物からバッテリーの電気を利用するモーターに変るのですが、車が走行する道路事情が変るわけではありません。
トヨタをはじめとして、内外大手の有名な自動車メーカーは、サハラ砂漠での過酷なラリーやスピードウエイでのレースなどを通して、莫大な費用と永い年月、技術者の汗と努力を投資した結果、安全でスタイルが良く、安く快適で便利な車が作られてきたはずです。
特に、あらゆる気候や道路事情に適応し、高速走行や貨物の積載に関する貴重なデーターは一朝一夕に得られる物ではないと思います。私は小規模の会社の経営者ですが、物づくりの大変さは十分に理解出来ます。      電気自動車で、内外にはベンチャー企業が多数出てきていますが、既存のメーカーさんは、エンジンを使って得た、安全で快適便利な車作りの実績に自信を持って、冷静に対応して欲しいと思います。

2010年07月17日:1_仕事::koshio

みんなで渡れば怖くない???

参議院選挙も終わりました。結果は一段と難しい政治情勢に。
日本人はゆとり教育と言う官僚が創った、誠に綺麗な言葉に惑わされて久しいのですが、世界は予期せぬスピードで経済競争激化の時代を迎え、価値観が大きく変りました。しかし、不思議なことですが、日本国内しか見えない目を持った政治家は、世界の経済情勢の変化を読めず、競争社会と言う言葉事態忘れてしまったようです。
税金を自分の懐の財布と勘違いして、湯水のごとく国民にバラまく楽しさを覚え、国民の人気取りに東西奔走しています。これはまぎれもないギリシャ症候群の末期的症状?
赤信号みんなで渡れば怖くない、我々は本当にこれでいいのかしら???
ところで、今年の6月から労働保険の費用がべらぼうに高くなりました。
私は経営者ですから、当然顧問の労務士に「なんでや!」と聞きましたが、理由は、不況により、失業者が増え、雇用保険を受ける人々が非常に増えたからだと言われました。
みなさんの給与明細も見てください。いつもより多く引かれていませんか?
取れるところから有無を言わさず取る。しかし、これでは中小零細企業はいよいよ持たなくなります。解決方法は国民が働ける仕事創りと、競争社会を生き抜こうとする国民自身の労働意欲を高める施策。日本人は乞食ではなく、プライドの高いサムライのはずでは?

2010年07月12日:2_社会::koshio

無籍任極まる消費税発言

消費税、税金還付方式、なんのことやら、真剣に仕組みも考えず、国民にきちんと説明もなく、選挙対策の思いつきで構想を発言し放題。こんな無責任な国政リーダーを持たなければいけない日本国民は本当に不幸としか言えない。
甘い言葉に後で泣くのは真面目に働く我々国民です。
失敗しても無責任な政治家はごめんなさいの一言も言わないのですから、日本国民としてみなさん政治をもっと真剣に考えましょう。

2010年07月01日:2_社会::koshio

New Topics
01/20:日本国民的不安・・・
01/19:とても嬉しい・・・(>_<)
01/18:気楽に休めたらねー・・・
01/18:阪神大震災・・・
01/12:2018年12月景気ウオッチャー調査・・・
Archives
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年05月
Search
Login
Links
新電機工業株式会社
SKITEM DESIGN WORKS