会社経費、法定福利費、労働保険費の激増!

イヤー参りました。月次決算で見る労働保険費、厚生年金等の法定福利費激増!!!
稼ぐを追い越す税金まがいの費用、労務士の先生になんでこんなに労働保険費の支払いが激増したのかと聞きましたら、その返事が失業者が増加したからとのこと。
また、厚生年金などや社会保険の費用も大幅に増加、私の会社で言えば、詳しくは調べないといけないが、たった一年間に弊社の若手社員一人分の年収以上の費用が激増したのです。
この不況の最中、こんなことが続くなら中小零細企業は持ちませんね。 社員も必死で利益を作るために頑張っていますが、子供手当てをもらっても会社が持たなければ失業することになります。
今後も毎年費用は増加する予定で、政府は何か考え違いをしてませんか。
一に雇用、二に雇用、三に雇用、どこの国の掛け声なのか、その方は、こんな実情をご存知なのかしら?50万円程度の新規雇用助成金、これで経営者が正社員を増員する気になると考えているなら大きな間違い、一人正社員を増やせば、年間にそれ以上政府に上納する経費が増えるのですからそりゃ無理でしょう。

2010年09月27日:2_社会::koshio

問題に対する対処法

一億総ユニクロ化をしているような日本人の行動と価値観について、何かおかしいと思いませんか。
どうも、しょうも無いマスコミのニュースに踊らされているように思えて仕方がありません。
古来、日本人は永い歴史の中で知恵を活かし、助け合いこの自然豊かな日本と言う国で生きてきたはず。
しかし、今の 日本人、特に政治家、官僚,大手企業の経営者たちは何か大きな間違いをしているように思えて来ました。
少し、冷静に考えて見ましょう。今、企業はなぜ海外に出ないといけないのでしょう。

続きを読む

2010年09月22日:2_社会::koshio

エアーコンプレッサーの省エネ方法

ほとんどの製造業の工場にはエアーコンプレッサーが設置され、日々の生産活動に使用されていますが、意外な盲点として、エアーフィルターの目詰まりに対して、ほとんどの場合、清掃などのメンテナンスを行っていません。
月に一度でも良いのです。
エアーフィルターを清掃致しますと、すぐに5%程度の消費電力省エネは可能です。
ぜひ、小まめにメンテナンスをされることをお奨め致します。

2010年09月18日:1_仕事::koshio

日本の恥

世界はどんどん激変し、大競争時代、国内は疲弊し続けているのに、日本の政治家の次元の低さにはほとほと愛想がつきますね。
我々会社の経営者は少なくとも経営理念を掲げ、社員ともどもこの厳しい経済状況を、
生き残りを掛けて必死で努力をしているのに、国会に就職した国会議員諸氏は、就職先の自分の職場を奪い合いするだけで、ビジョンもへったくれも持ち合わせているように見えない。
先に言った者勝ち、言葉に責任を持たず、恥と言う言葉をしらない人たちばかり、テレビのニュースは吉本新喜劇の三文芝居を見せられているようで、笑うに笑えない。わかってんのかな???
議員さん、家族はいないの?おじいちゃんは?おばあちゃんは?奥さんは?子供は?孫達は?少なくとも自分の家族の将来のことは考えているのかしら?自分の給料さえもらえれば、まーいいか???国民の税金をしこたま無駄遣いして、どこに隠しているのかしら?
??国民はみんな将来に不安を感じて、真のリーダーを求めているのに、胸のバッチが泣きませんか?外国からは馬鹿にされ、なめられて、国のために、国民のために、命を掛けて議員をやる気あるんかいな???62歳のおじさんは本当に腹が立っています。
これは社員の生活維持、家族、孫の将来を心底心配する、零細企業の経営者として持って行き場の無い、ほんのささやかなぼやきです。

2010年09月13日:2_社会::koshio

いよいよ国際特許の出願へ

イヤー、ほんとに驚くことになってしまった。思わぬことから国際特許の出願まで進んでしまった(^。^)弁理士の先生から、社長もったいないから、国際特許まで取り組みをされたらどうですかと言われ、自分が自信をもって努力をしてきた発明なら、ここでやめたら男がすたると(^。^)
自信と不安が・・・・・でも何事もチャレンジをしない人生は面白くない。
結果として、国際特許出願へゴーサインを出しました。
あかんで元々やろ・・・人生は楽しまなくては、

2010年09月13日:1_仕事::koshio

技術開発はほんとに面白い(^。^)

技術開発はほんとに面白い(^。^)約40年前になるのですが、プラント工事において
なんでやろと思う現象に気付いたのです。しかし、当時はただ気になるだけの認識で
つい最近まで忘れていたのが実情です。それが、昨年省エネ新法が制定され、地球環境改善のためにCO2削減が声高に叫ばれるような社会情勢になってきた時、ふと昔若い頃に
気になっていた現象を思い出したのです。当時は、自分ひとりの技術力しかありませんでしたので、何をするにも、知識や技術力、の面でいきずまり、折角のアイデアも活かす事が出来ませんでした。
しかし、現在当社には様々な技術者がいて、私のアイデアを適切な形に変えてくれるようになりました。
おかげさまで、実験の体勢も整い、私のアイデアを現実的に試すことが出来るようになったのです。

続きを読む

2010年09月11日:1_仕事::koshio

遠赤外線のなんでやろ???

フレクセルと言う遠赤外線面状ヒーターと出会って早くも3年を経過しているが、フレクセル遠赤外線床暖房を希望されるお客様は、皆さん一様に強い健康志向をお持ちです。
当社への依頼は、自分自身で遠赤外線の効果を調べて興味をもたれた方ばかりです。  ところで、私が開発したフレクセル遠赤外線温熱パッドもこの9月中頃に特許審査請求を致します。
現在弁理士さんが審査請求の手続きを進めてくれていますが、ぜひ自分の技術を確認したいと思うからです。
さて、私は毎晩温熱パッドの利用を始めて二年以上を経過し、、この真夏も毎晩温熱パッドを利用して寝ますが、ゴルフの後、また筋肉を鍛えるスポーツの後、全く肩こりや筋肉痛に悩むことがありません。
たかが「19w」の遠赤外線ヒーターなのに、なんでやろ?       また、実験で野菜の育成に利用して見ましたが、野菜の成長がとても早いように感じます。このフレクセル遠赤外線ヒーターを農業にも活かせないかと、現在検討中です。
もともと、ヨーロッパでは、積極的にフレクセル遠赤外線ヒーターを農業に利用しているそうです。
しかし、遠赤外線の持つ働きにはなんでやろ?と、理解出来ないことが多いいのです。
私の体験で言えることは、 遠赤外線温熱パッドは体内温度を上げるのに、とても効果があるのは確かで、二年以上に渡り、長期間利用して来ましたが、健康上には身体的に何も悪影響はありません。私は至って健康です。 この夏クーラーに長期間お世話になった方、冬への体調を整えるのに利用すれば良いかも知れません。
ただし、当社のフレクセル遠赤外線温熱パッドは医療器具ではありませんので、くれぐれも誤解のなきようお願い致します。



2010年09月07日:1_仕事::koshio

New Topics
01/20:日本国民的不安・・・
01/19:とても嬉しい・・・(>_<)
01/18:気楽に休めたらねー・・・
01/18:阪神大震災・・・
01/12:2018年12月景気ウオッチャー調査・・・
Archives
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年05月
Search
Login
Links
新電機工業株式会社
SKITEM DESIGN WORKS