どうにもおかしい日本の政治

平成23年3月から協会健保の保険料がまたまた値上げされます。
現行健康保険料率が 9.36%が 9.52%に、介護保険料率が1.50%から 1.51% に賞与については、支給日が3月1日分から。
政治家は減税を唱える傍ら、社員の給与の手取りを減少させることを平気で行います。
子供手当てや高速道路の減税をしてパフォーマンスをするのは上手ですが、方や、社員の手取りは減り、会社が負担する法定福利費と言う経費はは毎年のごとく大幅に増えて、 ほんとにこんなことで景気が回復などするはずがありませんね。
なんかおかしい!!! 政治がほんとに労働者のために、国民のために行われるならこんな馬鹿なことは起こりようがないと思いますが。
労働組合の役員の方々も、会社の存続を願うなら、なぜ昇給しても組合員の方の生活が楽にならないのか、国家のお金の使い道について、このような実態をもっと勉強しないとあかんのと違いますやろか。       厳しい経済状況の最中、私は常に精一杯社員に還元する努力を継続していますが、いつも努力が水の泡になってしまい、ほんとに社員が可愛そうに思えてきます。 与党や野党の議員の皆さんには、ぜひもっと広い視野に立って国民のために血の通った政治をして欲しいと願うばかりです。  60代の経営者のぼやきです。

続きを読む

2011年02月19日:2_社会::koshio

世界の中の日本の危機

政権交代後の日本は、世界から非常に弱い国に見られだしたように思えます。
特に軍事面においてその兆候が歴然としてきましたが、世界は急激に弱肉強食の時代に突入しているのではないでしょうか。
また、昨今急激に大中企業が海外に進出していますが、会社の経営に置き換えて見ますと、会社の信用や知名度、財力、商品、技術、組織、つまり、力としての大きなバックボーンがないと営業担当者がいくら努力してもなかなか受注も新規取引も難しいのが実情です。
企業が海外で活躍するためには、 バックボーンである国家が強くて初めて、海外での基本的な競争力を発揮し、勝つことが出来るのです。
対外的な交渉において、国家も企業も基本的な条件は全く変わらないと思いますが、残念ながら今の日本は国家としての危機感も支援体制も非常に不十分であるように思えます。
今後、ますます世界との軋轢が増す中で、私たち国民は一刻も早く、一丸となってぬるま湯の世界から脱却することが必要ではないかと真剣に思える次第です。
国内では、政権の内部抗争ばかりに明け暮れし、政党のリーダーは世界の変化を読もうとも対応しようともせず、最低不幸社会を実現したいという国家のリーダーを筆頭に、重箱の隅をつつくような視点でのせめぎあいばかり繰り返している現状には本当に辟易してしまいます。
先日、東京都知事選にワタミの元会長、渡邉さんが経営者としての立候補を表明されましたが、ぜひ経営者の新鮮な感覚を都政に活かして行政を経営してもらえたらと大きな期待をしています。条件は世界の中の日本,
国民を守り生活を守るために必要な,国家としての危機感を持った強い日本。

2011年02月19日:2_社会::koshio

いい加減にあきてきますねー(−。−)

本来人間は心の中で、常に未来を夢見て楽しく生きたいと思っているものです。
人の幸せはお金や物だけでは買えないと言われている通り、お金持ちでありながら、大病を患い床に伏して日々医療を受け続けている人や、家族親族が骨肉争う人達も沢山知っています。
私は子供の頃、家がとても貧しくて、食べることにさえ事欠く生活をするのがやっとだったと覚えています。
でも、お蔭様で、どんな苦労もあまり気にならず、自分が働いて自分の稼ぎで生活が出来るようになった時には本当にうれしくて幸せな想いが致しました。
親の苦労も嫌と言うほど見て育ちましたから、自分の女房子供には絶対に苦労をさせないと心に誓って絶えず上を向いて頑張ったものです。
然るに、日本のトップは最小不幸社会を無くすと言う目標を掲げて政治を進めていますが、 一体最小不幸の物差しはどこにあるのでしょうか。
貧しいだけで全ての人が不幸とは限らないのですから、こんな下向き発想を目標にして、とても国民が将来幸せを得られるとは思いません。会社に例えれば、経営者が積極的に上を向いてチャレンジ出来ない会社は間違いなく倒産の方向に向うものだと断言できます。
そんな経営者には社員も将来に大きな不安を感じるものなのです。

続きを読む

2011年02月08日:2_社会::koshio

日本国特許庁から特許性が認められました(^。^)

この度、エネルギー節減システム。エネルギー節減装置及びエネルギー節減型エアーコンプレッサーの特許出願をしていましたが、23年1月、日本国特許庁から特許性が認められるとの評価をいただきました。
2月の半ばには、日刊工業新聞に内容が掲載されます(^。^)
私は技術屋ですから、自分の技術が社会のお役に立つのがなによりうれしく楽しい。
発明や技術は常にエンドレスで進歩します。
技術を他国に取られて悔しいなら、それを上回る新発明をすればよいことです。
今の世の中、人に甘えて生きていける時代ではなくなりました。
政治家も官僚も歴史が変わりつつあることを認識して、いつまでも古い体制にしがみつく生きかたより、未来に向けて変化をするためのチャレンジが必要ではないでしょうか。
何時までも過去や権力に恋々としてしがみつく、そんな人間は魅力がありませんね。
我々国民も、自分達の努力で未来を築く意欲を持ってものごとを判断し、行動するなら明るい未来は必ず開けると思う次第です。与えられるより、与える想いは楽しいものです。
早くせこい考えの日本人を卒業し、世界に目を向ける日本人でありたい、60代のおじさん経営者の想いです。

続きを読む

2011年02月03日:1_仕事::koshio

New Topics
01/20:日本国民的不安・・・
01/19:とても嬉しい・・・(>_<)
01/18:気楽に休めたらねー・・・
01/18:阪神大震災・・・
01/12:2018年12月景気ウオッチャー調査・・・
Archives
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年05月
Search
Login
Links
新電機工業株式会社
SKITEM DESIGN WORKS