建設業の衰退・・・

国内の経済不況が続く現状からと高齢化社会の進展により、建設業界において、熟練技術者の減少が急速に進む恐れがあります・・・

技術者の育成には多額の経費と非常に永い時間がかかるため一人前の技術者を育てるのは至難の業・・・

最近、同業者の自己破産や経営者の高齢化による廃業がかなりの勢いで増えているようです・・・

正社員を抱えると労務管理のわずらわしさや、多額の法定福利費が必要になるため、雇用体系を変える業者が多くなっています・・・

つまり、口利きでビジネスをすることが多くなる傾向にあり、本当に自社の社員が責任を持って対応する業者は減少していると言えます・・・

このような場合、責任や補償がどうなるのかお客様にとっては非常に難しい問題です・・・

目先の金額の高い、安いだけで判断をして業者を選ぶとトラブルが発生した場合対応をしてもらえない場合もありますから十分に注意して、安物買いの銭失いにならないようご注意です・・・

最近、漏電火災のような事故が増加しつつあると思えますが、電気は非常に危険なエネルギーであることをぜひ再認識して、正規の看板を掲げる業者を選ぶようにされることをお奨め致します・・・

私事ですが、いつも気になるのは、社員の不注意により発生する事故に対し、お客様に対してどのように、迅速に対応対処するべきか悩みます・・・
金銭的にはやはり保険を適用する方法しかありません・・・
そのためにはきちんと損害賠償保険を掛けておくことが重要です・・・

何事であれ、責任は全て社長にあり、逃げるわけにはいきませんので、出来る限りの対策を講じる次第です・・・私の名刺の肩書きは、代表取締役お客様係り・・・^^:

2012年05月31日:1_仕事::koshio

英国ご訪問・ほほえましい天皇陛下ご夫妻

天皇陛下・ご高齢・心臓手術後3ヶ月の英国訪問・・・

美智子妃殿下と手を繋ぎ、ほほえましいご夫妻の姿はきっと英国の国民にも好感が持たれたのでは・・・

ご高齢で、手術後3ヶ月経過の体調で外交のお役目を立派に務めていただき感謝合掌・・・

世界の目が天皇陛下ご夫妻の仲むつまじいお姿を見て、改めて日本に対する安心感を持たれたのではと思います・・・

それにつけても、無責任な日本の政権政党のだらしなさと無能力・・・
あきれて物もいいたくない・・・

2012年05月21日:1_仕事::koshio

漏電火災事故の怖さ・・・

最近漏電などの電気設備の不良でおきる火災事故が多発しています・・・

先日の廣島で起きたホテルの火災事故もそうですが、当社もよくホテルの電気設備管理技術者の方から電気設備の改修見積を依頼されます・・・

調査に行って見ますとほんとにあぜんとする位危険な状況にある場合が多いのですが、ほとんどはお金が無いからと改修は実施されません・・・

電気設備の管理技術者の方には、当社でなく、他社に依頼していただいても構いませんから、ぜひ改修をされるようにオーナーに進言してあげて下さいとお伝えすることもあります・・・

電気は非常に危険なエネルギーなのです・・・
やはり、きちんと看板を上げている正規の電気設備業者に依頼するのが一番大切な条件・・・

最近、不況のせいでもあり、正規の業者登録も建設業の登録もしていない、いわゆるもぐりの業者も多くなっています・・・

単に費用が安いだけで依頼されますと、資材の質を落として工事をすることになりますから危険性はもちろん耐用年数も非常に短いことがあります・・・結果は安物買いの何とか・・・

こんな事例も・・・お客様から雨の日などにブレーカーが切れて電気がつかなくなる・・・
調査をすると門灯へ配線されている電線に電話線を使用し、器具の接続部分が結線不良で焼け焦げていた・・・びっくり!!!、これはあかんやろー・・・

我々電気工事業者なら常識ですが、電話線は弱電用で線のサイズも細く、絶縁性も低いので100V配線には使用出来ません・・・

例えばビニルコードなどに電線の許容電流以上を長時間流しますと、あっとゆう間に
火薬の導火線のように燃えて行きます・・驚いたことに、水の中でも燃えるのです・・・


誰が配線をされたかとお聞きしますと、ご主人がとのこと・・・最近はホームセンンターで資材も工具も販売されていますが、万が一、素人の配線工事で火災になったことがわかれば火災保険も支払われないことになるかも知れませんからご注意を・・・

奥様曰く、主人に注意しても聞かないので、電気屋さんからよく言い聞かせてくれませんか(苦笑)・・・^^:
感電や火災など万が一の場合は命を落とすことに・・・




2012年05月19日:1_仕事::koshio

ほんとにこれでいいのかしら・・・

国や地方の行政が行う電力対策はほんとにこれでいいのかしら・・・

節電、計画停電、強制停電・・・様々な方針を巡って喧々諤々・・・このように何一つまともに決めることも出来ない政治ってほんとにおかしい・・・
本来は国民の生活の安定を目指すために政治家になったのではないのか・・・

私がまだ若い頃、病院の電気工事を依頼されたとき、怖いと思ったことは、2分間停電すると人工呼吸器をつかっている患者さんが脳死をすることになると聞かされた時でした・・・

これは責任重大だ、とんでもない仕事を依頼されたものと思わず一瞬引きました・・・

物事はやってしまうと取り返しのつかないことになることが多々あります・・・

電気の技術者として半世紀近くを過ごして来ましたが、最近感じることは、あまりにも電気というエネルギーや便利で快適な電気設備に感謝の気持ちを持って利用している人が少ないと言うことです・・・

奇麗事で反対をする人達は停電で生じるリスクをあまりにも安易に考え過ぎているように思えます・・・

社会生活に経済活動に、生産活動になくてはならない電気を丸で空気のように考えているような無責任さが感じられますが、一度停電を起こすと計り知れない損失を生じることになり兼ねません・・・

どうも最近の日本人は赤信号みんなで渡れば怖くないような方向に流れているように思われます・・・
我々の世代と違い、食べることに苦労をしたことの無い人たちが多くなった結果かも知れませんが・・・

ただいたずらに時間を浪費して、我侭を主張していては取り返しのつかない事態が生じるのではと心配をしています・・・

どんなことにもリスクはあるのですから、いかにして上手に付き合っていくか考えるのも今の時代に必要な生きかたと言えるのでは・・・

昔の人は地質学も何も知らず、自然に任せる生きかたをして来ましたが、それでも日本に子孫として我々は存在しているのですから・・・

あまりにも危険をオーバーに煽っているマスコミや学者に嫌悪感さえ覚えるのですが・・・

所詮自然と喧嘩をしても逆らっても勝てません・・・

どうすればリスクと共存出来るのか考えた方が良いのではと思う次第です・・・
言いたいことを言うだけで、ほんとにこれから我々が経験する経済的ダメージに耐えられるのか、真剣に考えないといけない事態が・・・

しかし、この国の政治家はほんとにあきれる位無能な人たちの集団に見えて非常に情けない思いが・・・

こんな政治家の下で我々の孫達の世代がどのように生きていくのか・・・






2012年05月15日:1_仕事::koshio

発想の転換・・・

いつも不思議に思えるのですが、何年後に、何十年後に、活断層が、大地震が・・・

マスコミの報道で我々国民は心配や悲観を繰り返す・・・

こんな発想はどうですか・・・
活断層があるとわかっているなら、その活断層を徹底して研究し、例えば断層を糊のような素材を注入して接着してしまう土壌改良は出来ないものなのか・・・^^:

日本のゼネコンの皆さん、学者のみなさん、日本の国土を開発でなく、ぜひ改良する研究をしてもらえないものかしら・・・

危険だと言うことがわかれば、安全にするためにはどうすれば良いのか・・・
我々日本人はこんな危険な国土に在住しているのですから、徹底して安全な国土にするための研究をするのは国の使命ではないのかな・・・

ただひたすら自然災害の危険を報道し、恐れおののくばかりでは日本国民の未来がないといっているようなものでは・・・

マスコミの皆さんも学者の皆さんも同じ日本という国土の船に乗っているのですから、もう少し発想を変えてこの国を我々国民を救ってくれませんかねー・・・

続きを読む

2012年05月10日:2_社会::koshio

理系と文系の考え方の相違

テレビで大阪市と関西電力の協議の場面を見ていましたが、古賀なんとかと言う人と何とか研究所の所長と言う大阪市側の委員の発言を聞いていて、汚い言葉で関電側の担当者を罵っているように感じられ、正直とても嫌な気持ちになりました・・・

私が技術屋の経営者だから言い訳するのではありませんが、弊社でもほとんどの従業員は技術者ですから、なかなか上手に意見を言えません・・・

自分がデーター的に自信を持ったことしかうまく説明を出来ないようなのです。

文系は感覚で、理系は数字で、先日の関西電力の担当者多分理系の人ではないかと思って見ていました・・・

次に、関西電力はまだ罪を犯したわけではないのですから、あのような犯罪者を問い詰めるような質問の仕方をする必要があるのでしょうか・・・

まるで、劇場で観客にアピールするために汚い言葉で相手を罵るのは聞いていてもいい気持ちはしないでしょう・・・

電気を作り、電気を消費者に届けるためには非常に沢山の社員や技術者やメーカー、業者がそれぞれの立場で日夜働いて電気をお届けしているのです・・・

このお二人は、ただ一方的に関電の担当者を問い詰めるだけで、自分自身は何も解決策を持っておらず非常に無責任な人間に見えました・・・

私は決して原子力がベストだとは思いませんが、雇用、経済、インフラ、様々な難問があるのですから関電だけを罪人扱いするような過激な発言はやめて、もっと真剣に穏やかな話し合いや協議をして欲しいと思う・・・

このお二人に聞いて見たいが、貴方の家ではどのような節電対策をもしくは太陽光発電設備の設置などはもうお済みなのでしょうか・・・

続きを読む

2012年05月08日:2_社会::koshio

創業37年目を迎えて・・・

弊社は昭和51年4月1日・・・遊び心でエイプリルフールの日を選んで創業いたしました・・・^^
お蔭様で今年で創業37年を迎えました・・・

当初は兄弟3人で各自が40万円づつの資金を持ち寄り、120万円の原資を元に新電気工業所と言う名の個人商店的な発足でした・・・

40万円で中古のライトバンを購入しましたが、これがデフの調子が悪く、走行時にガラガラと言う音がして、今から思えばとんでもない欠陥車・・・

最近なら40万円も出せば新車同様の車が買えるでしょうね・・・

運転しながら、なんと情けない想いをしたことやら・・・

でも、その車を我慢して5年くらい乗りました・・・

仕方がありません、創業時は毎月自分達の生活費を稼ぐのがやっとの有様でしたから・・・

頼りになるのは、兵庫県電気工事競技大会で兄弟でペアを組み、三位入賞を果たした、技術技能力だけ・・・

お客様は無し、お金は無し、信用は無し、人脈は無し、人手なし・・・何もかも無い無いづくしでした・・・あるのは若さのみ・・・

朝は7時前に家を出て帰宅するのは午後10時頃、休みは年間で10日程度・・・
子供が寝てる間に家を出て、帰ると寝顔を見るだけ・・・

三年目には真ん中の弟があまりにも仕事がきつく、儲からないからとやめてしまった・・・

手元にあったなけなしの運転資金を通帳ごと退職金代わりに渡して、無一文から三男と再スタート・・・いや、借金が400万円ほどあったなー・・・

続きを読む

2012年05月03日:1_仕事::koshio

New Topics
01/20:日本国民的不安・・・
01/19:とても嬉しい・・・(>_<)
01/18:気楽に休めたらねー・・・
01/18:阪神大震災・・・
01/12:2018年12月景気ウオッチャー調査・・・
Archives
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年05月
Search
Login
Links
新電機工業株式会社
SKITEM DESIGN WORKS