リスクを取らない日本国民・・・

日本人はいつからリスクを嫌う国民になったのか・・・

経済社会はどのようなことであれ、生存競争の戦場であり、必ずリスクはつき物です・・・

私は小規模な会社の経営者ですが、ビジネスをするについて、リスクを伴わないものは何ひとつありません・・・

ビジネスをするにおいて、全て会社の存亡を掛けており、その結果我々経営者は時として自分の命さえ失うこともある・・・

従業員の立場にある人には要求されないことですが、経営者にはその厳しさを求められます・・・

今の日本の諸事万端を見ているとあまりにも好き勝手な人たちが増えた印象を受けます・・・

その結果、経営者の私にとって、今の時代は非常に面白みの無い時代になったことを痛感いたします・・・

日本人はあまりにもおんぶに抱っこ・・・法律を盾に取り、好き勝手な行動をする人間が増えて、経営者として事業をする楽しみがなくなっているのです・・・

私の年代の多くの小規模経営者は責任の重さばかり要求される今の社会状況の閉塞感から、事業撤退を望む人達が増えて来ました・・・

政治家を筆頭に、日本人はまるで世界は止まっており、自分達だけが人類のように思っている人たちが多くなっているように感じられます・・・

私にも可愛い孫がいますが、このままでは、孫が成人する頃の日本を想像することさえ怖い思いが致します・・・

願わくば、もう一度、映画三丁目の夕日の時代ように、人間性豊かでチャレンジ精神旺盛な夢のある時代になって欲しい・・・

2012年07月30日:2_社会::koshio

再生可能エネルギーの拡大問題・・・

今年の3月12日にドイツのバイエルン州議会で大手電力の元役員はメルケル政権が進めている再生可能エネの拡大と電力供給体制の大変革について懸念を表明・・・

多くの市民は脱原子力、再生可能エネ拡大と言う総論には賛成するが、自宅の裏に送電鉄塔や風力発電装置が建設されるとなると反対する。エネルギー革命が自分の生活に悪影響を及ぼすのは嫌なのだ・・・このような発言があったそうだ・・・

全くその通りかもしれない、もし、大型の蓄電設備が声高に原発反対を叫ぶ人の近くに設置されることになったら多分真っ先に大反対の声を上げるのは
・・・

蓄電装置は管理や制御を間違うと大爆発しかねない危険な一面を持っているのですから・・・

ダイナマイトの貯蔵庫を自分の家の近くに設置されて平気な人はいないでしょう・・・

また、爆発すると非常に広範囲に環境汚染を・・・

電気の技術者から考えると、不安定な電力のコントロールほど難しい問題は無い・・・

また、安定的に送電する送電網が必要・・・高速道路を時速100KM以上で走る車を急停止させるような状態を作りながら、安価で安定した電力を供給することを要求しても出来ることと出来ないことがある・・・

技術者から見れば言いたい放題の無茶苦茶な要求をするのが今の政治家と国民かも・・・

設備投資や技術開発には多額の資金と何より時間が必要、太陽光発電電力を42円で買取する制度のために近い将来、電気代の値上げは必然的な問題に成るでしょう・・・
結果的にはブーメランのように相手の痛みが自分の痛みになるように跳ね返ってきますね・・・世の中の出来事は、何事につけ、100%自分だけ良いということは有り得ません・・・

2012年07月27日:2_社会::koshio

もしかしたら、原発より怖い日本の人口減少

2007年の都道府県別総人口のデーターを見ましたが、100万人以下の人口の県が7県・・・今はもっと増えているのかも・・・

しかも、これから毎年日本の人口は100万人ずつくらい減少していくらしい・・・

今、中国やロシヤ・韓国と領土問題でもめているのですが、人口減少が進むと自衛隊はおろか警察でさえ十分な人材を確保出来なくなるのでは・・・

それだけに関わらず、電車・バスなどの交通機関などのインフラ関係はもちろんのこと、
あらゆる分野で大きな影響が出ると考えざるを得ません・・・

そのような時期に私はこの世にいないかも知れませんが・・・

私の子供達や孫の世代がどんな環境におかれるのかほんとに心配する次第です・・・

若い人達も今の生活を楽しむだけでなく、少し将来を真剣に考えて欲しいと思いますが・・・

先日、地下鉄の電車の中で、友達同士で給与の話をしているのをそれとはなく、聞くことが出来ましたが、男性で28歳前後、手取り16万円程度・・・

知人の二十歳になる女性は税込み15万円程度、手取り約10万円・・・自分の彼氏も28歳で手取りは16万円程度、結婚したいが生活が成り立たないとのこと・・・

イヤーほんと聞いててこれはではどうしようもない、何が原因なのか・・・

これでは人口が減少するのは無理も無いことや・・・


続きを読む

2012年07月21日:2_社会::koshio

東電給与事情・・・

東電社員の給与30%カット・・・

あまりにもひどすぎる処置だと思います・・・

今回の自然災害は人間の英知をはるかに超えている・・・

私は東電の社員ではありませんし、なんの利得も無い零細企業の経営者ですが、今回のような自然災害において発生した事故に対して、社員や従業員をあまりにも懲らしめるようなペナルティーはするべきではない・・・

大多数の人々は憎しみをもって面白がっているように見えますが、本来は原子力保安庁等の監督官庁担当者達を第一に処罰すべきであろう・・・

電気は国民の生活にも経済活動にも絶対に欠かせないエネルギーであることは間違いのない事実です・・・

しかし、非常に危険で扱いにくい性質を持っています・・・

日夜絶えず働いている技術者や関係者がいて今の生活が保てれているのを知って欲しい・・・

信頼できる技術者は一夜にして育たないのです・・・

プライドの持てない仕事や企業に良い人財はいなくなり、育たず、集まらない・・・

歌手の坂本龍一がデモの挨拶で、「たかが電気のことくらいで原発は無くてもいい」と発言をしていたようですが、その挨拶に使うマイクの電気も自分のコンサートで多くの電力を使うのもやめたらどうかといいたい・・・立派な家に住み、電気を使い快適な生活をして、たかが電気とは、何が言いたいのか・・・

あまりにも従業員に厳しい処置は今後の電力安定供給に大きな支障となるはず・・・

我々はもっと冷静に大きな視野を持って今後に対応対処すべきで、過激な発言や対応は決して良い結果をもたらさない・・・

厳しい減給の結果が、天に向ってツバを吐く結果にならなけば良いのだが・・・

2012年07月17日:1_仕事::koshio

あらゆることにリスクはつき物・・・

世の中の全ての言葉には反対語が存在することをご存知ですね・・・

つまり、全てにリスクがあると言いたいのですが、究極の言葉は「生と死」・・・

ほんとに完璧に安全な物や状態が有り得るのでしょうか・・・

私は技術屋として考える習慣があります・・・

太陽光発電、快晴の状態から雷雲などが発生しますとたちまち発電は零の状態に・・・

風力発電、風邪が止まればただの扇風機・・・

水力発電、乾季や雨季の大豪雨はだめ・・・

自然は何とか心と秋の空・・・怒られるかも・・・^^;

万一太陽光パネルに落雷することがあれば、瞬時に焼損・・・

寒い時期に大きなひょうの塊でも振ってくればソーラーパネルは破損して発電不能に・・・

富士の裾野なら、万一火山が噴火すれば、ソーラーパネルは全滅・・・

風力発電、最近異常気象で、竜巻が発生したら、風車も倒されることになり、太陽光パネルも吹き飛ばされることに・・・

太陽光や風力発電の電力は発電の電力がお天気まかせで、ゼロから100に・・・100からゼロに急激な変動・・・あてにならない不安定な電力・・・

これをコントロールするのは電力会社の責任ですが、こんな不確定な電源をコントロールする苦労は技術的にも並大抵ではないはず・・・

比較的、安定した電力は、火力と水力、原子力・・・

わけもわからず理屈と理想を並べる人達は技術の難しさを考えたことがあるのかしら・・・

少しは勉強して、どうすれば現実に経済や生活の安定を確保することが出来るのか考えてみる必要があるのでは・・・

経済より命のほうが大切と言っていた人がいましたが、現実に経済力が無くなれば生きてはいけません・・・

どうすれば、世界の中でこの国が生きていけるのかもっと真剣に考える必要があるのでは・・・

甘えて無理難題を言っても生きていけない、リスクと共存する生きかたもあるのでは・・・
貴方はどちらを選ぶのかしら・・・

2012年07月10日:1_仕事::koshio

賞与支給の時期になった・・・

いよいよ賞与支給の時期がきた・・・

大手の企業と同じような条件には到底出来ないが今まで、一度も支給をしなかった年はなかった・・・

今年も一応支給をする予定・・・

社長になって、37年、賞与をもらった経験がない・・・

貰うほうは当たり前になっているかも知れないが、出すための努力は大変なものがある・・・

支給した後、これでいいのかいつも反応が気になるが、当節、厳しい中での社長の努力に答える笑顔が欲しいなーと思う・・・

2012年07月06日:1_仕事::koshio

New Topics
01/20:日本国民的不安・・・
01/19:とても嬉しい・・・(>_<)
01/18:気楽に休めたらねー・・・
01/18:阪神大震災・・・
01/12:2018年12月景気ウオッチャー調査・・・
Archives
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年05月
Search
Login
Links
新電機工業株式会社
SKITEM DESIGN WORKS