一年間ありがとうございました・・・

この一年間、私のブログにアクセスをいただいた皆様ありがとうございました・・・

今年は新年早々に母が逝去しその影響もあり、、事業面で大きな痛手を受ける出来事がありました・・・

そして、それを会社一丸となって 乗り越え、年度後半には特許取得、神戸市の矢田市長からの感謝状をいただくなど身に余る出来事もありました・・・

しかし、この年末に至り、非常に悲しいことですが、私の大切な従業員が1年4か月ほどの闘病の末、肺癌という病で亡くなりました・・・

享年55歳、この若さで惜しい人財を亡くし、心が折れそうに悲しい想いが致します・・・
また、ご家族の想いはいかほどかと胸が痛みます・・・

今年は大切な人を二人も亡くし、諸行無常・・・人生のはかなさを痛感・・・

人生、波乱万丈とはこのことかと、しかし、私が泣いているわけにはいきません・・・

経営者として責任を感じ、やらざるを得ないのですから、明日に向かって進みます・・・

今日で会社は終業致します・・・
一年間お世話になった皆様ありがとうございました・・・

新年は新たな目標に向かって邁進する覚悟ですので今後ともご支援ご鞭撻のほどお願い申し上げます・・・感謝合掌・・・

2012年12月29日:1_仕事::koshio

自民党・・・石破幹事長の姿勢・・・

自民党の石破幹事長が安倍氏の組閣人事に静観の姿勢を保っているとのこと・・・

石破幹事長の姿勢にはとても頼もしい思いが致します・・・
他党も含め、今までの幹事長職の人は自分の権力を高めるために、首相が行う人事にも必要以上に関わり、結果として争いの火種撒くことで政権の弱体化を起こしていたように思います・・・

誰がリーダーになっても100%の理想は得られません・・・
リーダーを支え、多少の意見の違いはあっても、幹部が大局観に基づいて行動をするなら必ず目標に近づくものです・・・

議員の皆さんが、今の日本を変える使命を感じるなら、日本国家と国民の為には私心を捨てて大同団結して明日の明るく強い日本を目指して欲しいものです・・・

その意味でも石破幹事長の姿勢は従来の政権リーダーに比べ清々しいものが感じられます・・・

2012年12月24日:1_仕事::koshio

実際は値上げの倍のダメージが・・・

電力の値上げの原因は原子力発電設備の停止による発電経費増加によるもの・・・

電力会社も経済の原則には勝てません・・・

しかし、値上げについてみなさんはその影響が単に値上げ金額だけだと考えているなら正に経済音痴としか言えません・・・

値上げされた金額が一家庭あたり、500円〜600円との試算ですが、仮にそのお金で食料を買っていたとしましょう・・・
電気代の値上げ分に回したとしたら、食料を買うために新たに電気代に払った金額に相当するお金を必要とします・・・

わかりますか・・・^^:・・・お金は倍必要なのです・・・

ちなみにホームページでみたパナソニックが全国で使用している年間電気使用料はざっと500億円くらいらしい、20%のUPで100億円の値上げに、その影響は上下200億円のマイナス・・・これではギブアップ・・・

我々経営者はそのような金銭感覚で会社を経営しているのです・・・

原発を止め、火力発電をするために必要な原油やガスを輸入するために約3兆円の輸入代金が日本の経常収支を赤字にしたというニュースは耳新しいことでしょうが、実際に日本の経済に与える影響は倍の6兆円になっています・・・

昨日は円安が進み、一時は84円をつけました・・・
このまま円安になりますと、原油やガスの輸入代金はどれほど増加するのでしょうか・・・

消費税の増税分などは吹き飛んでしまうことになるのかも知れません・・・

確かに原発は危険性が高いことは承知していますが、過去40年以上に渡りその恩恵を受けてきてもおり、単に学者の言う何万年と言う過去の時間のリスクに振り回されて、今の国民の生活が破綻するのはどうなのでしょう・・・

化学や技術は常に進歩を続けており、新しい技術でより安全な状態を確保する方法もあると思いますが、マスコミの報道はお公家さんのような経済に無知な学者の発言ばかりで、技術者やメーカーの報道をまともに取り上げていません・・・
100年後200年後の日本を考えると技術開発をやめる恐ろしさは計り知れません・・・
今の政党で耳障りの良いアピールは全てベストではなく、将来への大きなリスクがあると思えます。

原発を停止することで、近い将来に電気代が30%も値上げされたら日本の製造業は全滅に近いと思われます・・・
国家の経済が破綻しかねないリスクがあると思えますが、それでも原発全てを廃止すべきなのでしょうか・・・

日本に対する中国の強硬な軍事態勢に対し、経済力が悪化する日本では単に泣き寝入りするだけのことしか出来ず、いま一度我々は真剣にエネルギーに対する取り組み方を考える必要があると思えます・・・

安全や安心を補償するには必ず経済力が必要ですが、この三年間の政治によって日本は経済的に自滅の方向に向っているようにさえ思われ、自分の子供や孫などの若い人達の将来を常に心配しています・・・

2012年12月15日:1_仕事::koshio

地球は生きている・・・

毎度の如くよく訳のわからない地質学者の皆さんが活断層の危険性を大きな声でアピールしていますが、テレビで調査の状況を見ていると、スプーンかへラかわからないようなもので土をほじくり、ほんとにこんないい加減原始的な方法で13万年〜14万年なんて過去の出来事を判断出来るのか不思議に思えてなりません・・・

まるで子供がままごとをやってるみたいやー・・・^^:

そもそも地球は生きているのですから、あっちこっち出たりへこんだりするのは当たり前ではないのかなー・・・

それをたかが100年も生きられない寿命の人間が正確な判断を出来るのか疑問を感じます・・・

地球はある意味生命体のようなものと思われますが、常に世界のどこかで地震や火山活動をして俺は生きてるんやとアピールをしてるように思えます・・・

深い地中の中のことが全てわかるはずもなく、我々人類は過去からそのリスクにおびえながら生きてきたはず。

学者の皆さんはいつもの事ながら、あれが危険これが危険と何千億円も国の予算を使いながら予測がまともに当たった試がない位いい加減なところがあるようです・・・

危険性がある、あかんと言うのはだれでも言える事やから、その危険性に対してどうすべきか前向きな対処の方法を賢い頭で考えられないのかしらねー・・・^^:

今をどう生きるのかが問われているのに何万年も過去に遡って想定問答を繰り返すだけで、現実とどうマッチングさせて日本の国民の安全と安心そして、生活の基盤である経済をどのように支えるのか、経済にはほんとに無知な学者ばかりで、この人たちは自分が誰のお陰で生活をさせてもらっているの知らないのでしょうね・・・ 

イタリア同様に日本の原子力委員会のメンバーもほんと無責任極まる人たちの集まりなんかしら・・・

危険予知だけでなく、現実にそのリスクを回避して国家の経済に貢献出来るなら立派な学者と手を叩きたいが・・・

どうしたら危険な状態を安全な状態に変えることが出来るのか具体的な知恵のひとつも出して欲しいもんや・・・

2012年12月12日:1_仕事::koshio

経済が支える安全と安心・・・

不思議に思えますが、原発の即時廃止、生活の保障・・・

皆さん好き勝手な意見を言い合っていますが、少しよく考えて見ればわかることですが、安全も安心も全ては経済的な裏づけがあってこそなのです・・・

経済を無視して何が出来るのでしょうか・・・

好き勝手なことを言うのは構いませんが、それを支える経済つまりお金は誰が責任を持ってくれるのでしょうか・・・

今月は弊社も賞与を支給させてもらいます・・・
従業員一同みんな命がけで一生懸命働いてきたのですから楽しみにしているはずです・・・

社長には非常に悩み多き季節です・・・^^:
従業員の期待に出来る限り応えてあげたいと思いながら努力を致します・・・

支給明細を見て改めて愕然と・・・なんと法定福利費を含め、税金に当たる金額の大きさに改めて愕然としました・・・

精一杯頑張って支給する金額から国に納める金額つまり、税金に当たるものがあまりにも多いのです・・・

なんで、こんなにと思う原因は、全て安全と安心を支える費用に消えているのでしょうか・・・

経済を無視して、あまりにも好き勝手なことばかり言う国民をおだてて選挙に勝ち、権力と報酬を狙う議員さんたち・・・

世界は激変を続けているのに、ひとり日本は優雅な国内問題にしか目を向けない島国の議員や国民ばかりなのでしょうか・・・

さて、議員と国民、世界と日本どちらが賢いのでしょうか・・・

いよいよ衆議院選挙が始まりましたが、世界の中の日本、経済を無視する政治家を選ぶと安全も安心も保証されませんからよく考えて選びましょう。

2012年12月04日:1_仕事::koshio

New Topics
01/20:日本国民的不安・・・
01/19:とても嬉しい・・・(>_<)
01/18:気楽に休めたらねー・・・
01/18:阪神大震災・・・
01/12:2018年12月景気ウオッチャー調査・・・
Archives
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年05月
Search
Login
Links
新電機工業株式会社
SKITEM DESIGN WORKS