最近の元総理大臣て変な人格者・・・

最近、日本の元総理と言う立場の人達は少し人格がおかしいのかなーと思わざるを得ない・・・

最悪はみのもんた氏を含めて自分も原子力村にはめられたとのたまう元総理大臣・・・確か空カンと馬鹿にされていた人かも・・・

日本の権力者として、最高の地位に立った人達なのだから、自分の立場をわきまえて、もう少し大人しくしていて欲しいと思うのは私一人ではないと思うが・・・

自分の存在感を確かめたいのか、のこのこ出てきて好き放題な意見はほんとにみっとも無い姿に見えます・・・

良くも悪くも、次の世代にバトンを渡したら、大人しく見ていて欲しいものです・・・

私もいつかは事業の経営を若い人もしくは力のある人に託さなければいけなくなります・・・

後のことは若い人たちが自分たちのために頑張れば良いのでは・・・

いつまでも、過去の栄光にしがみつく姿はあまりいいものではないですね・・・

もうすでに過去の人は、現役の人の足を引っ張り国益を損なうことのないようにお願いしたいものです・・・

みのもんた氏と同じく私も子供を育てて来ましたが、子供には何があっても、人様からあんたの子供かと聞かれたら、お父さんは間違いなく私の子供ですと答えるからと言ってあります・・・

自分の作った子供はいつまでも自分の子供です・・・私の場合、残念ながらトンビが鷹を生んだとは言い難いので・・・自分もトンビとは言い難いかも(苦笑)

いざとなれば、子供を親の責任として守ってやるつもりです・・・私が元気で生きている限りは良くも悪くも・・・

みのもんた氏は自分もマスコミの一人として今の社会的風潮を率先して作ってきたのですから、社会を恨んでも仕方がないでしょうね・・・お気の毒だが・・・

2013年10月29日:1_仕事::koshio

電気による様々な事故は・・・

近年、電気と言うものの恩恵を受けない人はいないくらいと言ってもいいのではないでしょうか・・・

しかし、電気を事業として、プロの立場で扱う我々専門業者、もしくは技術者は、電気の怖さ、便利さを嫌と言うほど知っています・・・

日常において、空気を吸うが如く、使って当たり前、安全であって当たり前・一般的にこんな感覚でしょうか・・・

10月17日、弊社では今日、技術、工務の担当者に対し、高圧受電設備の工事を行う時の安全に対する対策のため社内研修を実施致します・・・

講師は社長の私が行います・・・^^

弊社は高圧受電設備の工事を行う件数がとても多く、工事が時には深夜になることもあります・・・

受電設備の工事は、6600Vもしくは22000Vと言う高電圧の受電設備の停電工事になりますので、工事をしている社員が無事に帰社するまで、社長として、一度として気の休まることはありません・・・

何事もなく、工事を終えて全員が無事に帰社してくれますと、あーあ、やれやれと気持ちが安らぎます・・・^^:

プロとして仕事をしているのですから、安全には最善の対策を講じ、施工をするのは当然と言えます・・・

しかし、高圧であれ、低圧(100V、家庭用)であれ、電気と言うエネルギーはとても危険なものなのです・・・

最近、九州で病院の火災事故があり、多数の入院患者様がお亡くなりになりましたが、原因は電気器具の配線材の経年劣化が原因と言われているようです・・・

どのような機器、資材にも経年劣化が進みますから、必ず寿命があるものなのです・・・

昨今、不況が続き、電気設備業者として気になっていることは、法人の事業所でも役所でも、電気の点検費用をいかに安く対応してくれる業者はいないかと、コストを下げる努力をされます・・・

しかし、業者に安いコストで依頼しますと、当然手抜き、もしくは質の悪い技術者で対応されます・・・

やはり、それなりの費用を掛け、信頼出来る業者を選定し、依頼されることをお勧め致します・・・

信頼出来る業者は、万一の事態が生じても誠意を持って保障対応出来る体制を整えています・・・

皆様のご自宅でも同じ危険性は十分にあるのですから、まず、ご自宅の電気器具などの使用状態を再度見直しすることをお勧め致します・・・

目で見て、危険そうだな思えば使わない、素人修理や配線は絶対にしない・・・

不安に思えば電気工事業者やメーカーに相談をしてみることです・・・

地域の専門業者なら一般的に見積は無料対応してくれます。

電気をより安全に、便利に、快適に使用するためには日常において電気は危険なものと認識することが大切です・・・

とりあえず、本日、 従業員に安全作業をしてもらうための基本的な研修を行うことが出来ました・・・

ほんとはもっとじっくり取り組みをしたいと思うのですが、時間の制約もあり、なかなか思うに任せないのが実情です・・・

昔タイプの職人気質の人は、なぜか自分のことしか考えていないようで、人を育てる意識が薄弱です・・・

でも、今の時代は大きく変化をし続けているのですから、その流れに沿ってお互いに助け合うことが必要ですね・・・

もし、自分の孫が可愛いと思うなら、今の若い世代を育成する努力を私と一緒に取り組みをして、次はその育てた人たちに自分の孫の世代の面倒をみてもらえるようにしてくれたらと思うのですが・・・

2013年10月17日:1_仕事::koshio

神戸市市長選挙・・・

いよいよ神戸市の市長選挙が始まりました・・・

私は経営者の目から見て、まず経済の活性化を最重点に判断を致します・・・

経済の回復があってこそ、はじめて市民生活を向上させることが出来るからです・・・

経営者の私から見ますと、公約に出来もしない綺麗ごとを並べている候補者の方々が多数いるなー・・・

今回は、平成20年度に東京オリンピックが開催されることが日本の経済回復に非常に大きなチャンスになると思われます・・・

経営者の立場で考えますと、このチャンスをぜひ神戸にも活かして欲しいなーと思う次第です・・・

会社の経営をしていますと、よい人脈を持ちたいと思いますが、この人脈を築くことは至難の業・・・私自身の会社を築くのに38年も掛けましたが、未だに艱難辛苦の思いを致しています・・・

行政においては、国とのパイプの太さがその自治体の様々な計画や活動を支えるために不可欠な力と言える・・・

政令指定都市神戸は、港湾、空港を有する大都市ですから、国や県の協力なくしてはなりたたないのが実情でしょう・・・そのため、リーダーの人間性、資質、能力と共に人脈が非常に重要だと思います・・・

過去数年間の間、変なリーダーを選んだために日本は非常に大変な時期を過ごしました・・・

同じような間違いを犯さないようにしっかりと候補者を選ぶことが大切だと考えています・・・

同姓の泡沫候補も現れ、何か嫌味を覚えますが、
しっかり見定めて候補者を選びたいものです・・・

あれも無料にしてあげる、これも無料にしてあげる、その代りの費用はどこから出すのか・・・いいことずくめの公約を掲げて必至の候補者・・・

しかし、その公約を果たすために予算をカットすることで、今でさえ老朽化している公共施設や地下鉄の駅舎、道路、上下水の改修、震災対策などをさらに遅らすことにも・・・

箱物から人へ・・・これは依然聞いたことがあるが、かの政党の有名なキヤッチコピー???・・・

ほんとに資金力の裏付けが出来ているのかしら・・・???





2013年10月14日:1_仕事::koshio

神戸商工会議所優秀功労者表彰・・・

平成25年10月9日・・・123名の表彰者

神戸商工会議所主催の会員事業所優秀功労者表彰式に弊社からも3名が出席・・・

創業38年目にして、勤続15年以上の従業員の内、3名を特別優秀功労者として表彰していただきました・・・

当人達いわく、このような華やかな場所で、社会人になって初めて表彰を受けたが、とても嬉しいと・・・

3名の内、一番若い社員が、グループを代表し、会頭から表彰状を授与されて、本人曰くとても緊張しましたが、良い経験になりましたと・・・^^

私は会社の代表者として付き添いをさせてもらい、写真掛かり、記念をナイスショットで家族の皆さんにも見ていただこうと・・・^^

60代の従業員からも、これで人生にいい思い出が作れてとてもうれしいとの言葉が・・・

お祝いの宴席でも、三人とも一番片隅のテーブルで遠慮がちに固まっていましたので、私がご来賓の皆様のすぐそばのテーブルに連れて行き、こんな時は堂々と中心に来て楽しみなさいと・・・やはりこのような雰囲気に慣れていないためかなり緊張をしていました・・・(笑)

表彰式でもみなさんとても緊張しているのか、名前を呼ばれてもほぼ員が無言で起立・・・しーんとしてる・・・^^:

商工会議所の専務理事の方になぜかとお聞きしたら、ほぼ技術職の方が多く、場馴れしてなくて、緊張のために声が出せていないようですとのこと・・・うーん、なるほど・・・当社の従業員も同じでした・・・^^:

弊社に努めていただく間に出来る限りこのような晴れやかな舞台に一人でも多くの従業員を立たせて上げ、一生の思い出に残していただく機会を作ることも社長の役目・・・後日写真をUPします・・・

まずはとても意義のある一日でした・・・

2013年10月10日:1_仕事::koshio

New Topics
01/20:日本国民的不安・・・
01/19:とても嬉しい・・・(>_<)
01/18:気楽に休めたらねー・・・
01/18:阪神大震災・・・
01/12:2018年12月景気ウオッチャー調査・・・
Archives
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年05月
Search
Login
Links
新電機工業株式会社
SKITEM DESIGN WORKS