どちらを選びますか・・・

ある書籍から・・・
現在日本は、全国すべての原子力発電所が停止し、慢性的な電力不足です・・・

当然供給が不足すればモノの値段は上がるのが普通です・・・

現在、原子力発電所が稼働を止め、電源の9割を火力発電に頼っています。化石燃料の輸入のために、単純計算で電気料金は約2割上がると言われています・・・

そこに加わるのが再生可能エネルギーの導入コストです・・・

いわゆる、ソーラー発電、風力発電、水力発電、地熱発電等々・・・

一昨年7月から皆さんの検針票にも「再エネ発電賦課金」と言う欄が加わっています。・・・

再生エネルギーのコストを消費者が薄く広く負担することで、その導入を促進すると言う、再生可能エネルギーの「全量固定価格買取制度」が導入されたことによるものです・・・

電気使用料に応じて計算されますので、ご家庭はもちろん、企業も相応の負担が必要です・・・

この制度では導入から年月が経過すると共に消費者の負担はどんどん増加していきます・・・

問題は、弱者に一番大きな負担が掛かることです・・・

もちろん、企業は生産原価が上がりますので、死活問題になるかも知れません・・・

現在、中国をはじめとして、外資系の企業も我が国の太陽光発電設備事業にどんどん参入していますが、太陽光発電の全量買い取り制度は大きな収益を安定的に生むことが出来るからです・・・

間違いなく、20年間と言う長期に渡り、安定的に保障された売電が可能で、儲かるからなのです、皆さんはこのような状態をほんとにご存じないのでしょうか・・・

何事にもリスクはつきものですが、真綿で首を絞められるように、経済と言う体力を消耗する現実について、単に原発廃止だけで、済むものなのか・・・

弱者の立場を考えてみて、生活が成り立つのか、あなたはどう思われますか・・・

私は技術屋の立場と経営者の立場から判断をすることになります・・・
経営者は従業員の生活を守る責任があります・・・

2014年05月31日:1_仕事::koshio

うれしい出来事・・・

5月初夏を迎える季節になりましたが、先日うれしい出来事がありました・・・

29歳の男子社員夫婦に二人目の子供が生まれたのです・・・^^

母子ともに健康とのこと・・・

早速朝礼の場でお祝いを渡し、全員で拍手・・・^^

今年の1月には30代の男子社員夫婦に3人目の子供が生まれ、大変喜んだものでした・・・

二人ともマイホームを新築購入し、堅実な家庭を築いてくれています・・・

少子高齢化の時代によくぞ子供を産み育てる決心をしてくれたと感謝の気持ちが湧いてきます・・・

社長として、若い社員が安心して生活出来るように会社を成長発展させる責任を感じます・・・

まだまだ若い人たちも捨てたものではありません・・・

逆に50代60代の高齢者予備軍の方がだらしのない人達も大勢いるのが現実です・・・

世界の情勢を見ていますと、経済力を強化しないと生き残れない社会だと感じます・・・

世の中は急激に変化を遂げているのに、日本国内のことしか見えない元政治家や自分さえ良ければ良いと考える人達のいかに多いことか・・・

人間は宇宙から地球を与えられ、地球に土地や資源を与えられ、生かされているのに、人間のあまりにも身勝手さにはほとほとあきれる思いも致します・・・

願わくば、若い世代や子ども達に夢を、生活の安定をもたらせてやれる社会を残したいものです・・・

子孫のために50年先を考え、目先に狂うことのないようにしたいものです・・・




2014年05月26日:1_仕事::koshio

なんでやろねー

国会で過労死防止法案が成立する予定とのこと・・・

私は経営者として常に従業員の健康に注意し、労働条件の改善に取り組みを続けています・・・

しかし、困ることは、従業員自身が自分の健康に対し、意識が不足していることです・・・

健康であろうとするなら、人間の身体を作る食事にも気を付けるのは当然ですが、どうもバランスの取れた食事をとることさえ難しいようで、結果として肥満体になったり、体調を崩すことになっているようです・・・

かくいう私自身はと言えば、お客様とのお付き合い、業界関係のお付き合いで深夜まで暴飲暴食をすることも多々あり、とてもではありませんが健康な身体を維持する条件からは大きく外れています・・・^^:

ただ、私は自分の健康が即会社の業績に表れますので、経営者の心がけとして、毎日曜日には必ず
1時間の早足ウォーキングを行い、毎朝は6時起床、その後ゴルフクラブを50回ゆっくり振って体調を整える努力を継続しています・・・

一口に過労と言うことは大きな問題があります・・・

何事も楽しく過ごすことが出来るなら、多分過労と言う言葉は出てこないかも知れません・・・

登山好きな人達はなんで、あんなに厳しい冬山に上るのでしょうか・・・

サラリーマンと言われる労働者の人達は、なんで夜遅くまで飲み屋街で時間をすごしているのでしょうか・・・

なんで、プロゴルファーはあんなに過酷と思われるほど長時間の練習をするのでしょうか・・・

ほんとに仕事だけが過労の原因なのでしょうか・・・

定時の5時退社した人達の中でもパチンコ屋さんで深夜11時ころまで遊んでいる人たちも沢山見受けられます・・・

これらは過労の原因にならないのでしょうか・・・

法律は守らなければいけないと思いますが、人の行動をあまりにも束縛することになると、人間としてのほんとの楽しみも奪われることになり兼ねませんね・・・

労働条件をきちんと守る人たちは病気や事故、怪我など不測の事態を絶対に避けられるのでしょうか・・・

こんな疑問を感じながら、決められた法律を守るために四苦八苦する立場の人達が沢山います・・・

経営者は労働基準法では守られない、宇宙人、神様、ロボット、聖徳太子のような立場を要求されますが、家に帰れば、女房、子供、おじいちゃん、おばあちゃん、孫などもいる生身の人間ながら全て自己責任です・・・

願わくば人間として、経営者の労働条件も考えて欲しいなー・・・

個々の人間を法律でいくら縛っても無理かと思う、人間にとって楽しい時間なら過労を引き起こさないならどうすれば楽しく仕事が出来るか考えた方が余程現実的ではないのかな・・・


2014年05月24日:1_仕事::koshio

ある日突然・・・

他人事ながら他の業界のことが心配に・・・

最近は各自動車メーカーが競って衝突防止装置つきの車を開発販売していますが、その結果、衝突事故が激減する時期がくれば、大きな影響を受けるのは自動車の修理及び販売業者と自動車関係の損害保険会社・・・

技術の進歩は驚くばかりの速さ、その変化に対応出来ない業界、業者は死活問題に・・・

もちろん、メーカーのディーラにとっても条件は同じかも・・・

人の命を考えれば安全な車はとてもありがたいことだが、それによって生じる変化に、関係業界と各企業がどう対応していくのか他人事ながら案じられます・・・

2014年05月19日:1_仕事::koshio

経営者の立場から・・・

経営者と言う私の立場から見ますと、我が国の安倍総理は非常に明快にリ−ダーシップを取られていると思われます。・・・

永年あまりにもだらしのない国家のリーダーが続き過ぎ、日本沈没の言葉も現実感を伴っていたものです・・・

私は争いを好まず、我が国の国民や私の子供、孫の世代が安心して生活出来る豊かな国を望むものです・・・

しかし、世界の情勢は非常に激変を続けており、日本の将来を大変危惧しています・・・

世界情勢を見ていますと、武力を持って有無を言わさず自国の野望を達成しようとする浅はかな指導者が現れてきたようです・・・

このような情勢を他人事のように見ているマスコミや有識者と言う人たちの意見を聞いていますと他力本願で物事が処理できると考えているように思えてなりません・・・

私達経営者は、リスクを取り、常に経営判断を迅速にすることが要求される立場でもありますから、いたずらに机上の論理をだらだら綺麗に述べて済ます人たちには多少違和感を覚える次第です・・・

民間の企業経営においては、今の時代に遅速な判断は企業の死活問題になります・・・

テレビでNHKの政治討論番組を見ていましたが、絵に描いた餅をいかにも美味しそうに綺麗に表現している元官僚の意見を聞いてて、この人は将棋の対戦を見て意見を言う評論家のように思えましたが、自分が痛みを怖さを覚えず、危険性のない避暑地に住んで意見をいっているように感じました・・・

英国のチャールズ・ダーウィンの種の起源と言う著書の一節に「最も強い者、賢い者が生き残るのではない、最も変化に敏感な者が生き残る」と書かれているそうですが、我々日本国民も時代に即し、世界の変化に敏感な考え方、行動が必要で、変革や改革が必要とされているのかも知れないと思う次第です・・・

新聞の社説や有識者の意見が全て正しいものではなく、私は肌で感じる感覚を大切にする60代のおじさん経営者として日本の将来を心配するものです・・・

2014年05月17日:1_仕事::koshio

私の人生から見て・・・

自分の年齢が60代に入り、常に思うことは生きることに関して、全てのことにはリスクが存在していると言うこと・・・

日々何事も無いのが不思議なくらいで、多くの人々はそのような状態が当たり前と錯覚して生きているように思えます・・・

少し考えれば、車の運転、電車、バス、新幹線、船、飛行機、街中での通行中に、海辺で、思いつくリスクは山の如く、日々食べる食材も、そのように全て自己責任で判断し、対処対応すべきことばかり・・・

しかし、近年の日本国民は平和に慣れ過ぎたのか、自分の責任で選んだ結果でもすぐに国や行政に責任を転換しようとすることがあまりにも多くなったように感じる・・・

つい最近、韓国の客船が沈没し、多くの子供達が亡くなったようですが、私の孫の世代で他人事ではありませんでした。船長と言う最高責任者が我先に逃げ出した姿は人間性の欠片も見えず、責任感を放棄した哀れな乞食のように思えました・・・

国が、行政が、会社が悪いと全ての責任を転嫁する生き方は韓国だけにあらず、何事にもリスクは必ず存在することをよく認識して、そのリスクをうまくコントロールしながら生きる術を日本の国民は持つことが必要なことではないのか・・・

振り返れば、日本はますます少子高齢化社会に向かっているが、目の前しか見ずに平和を貪っているとそのつけは大きな障害となって国の存亡に・・・

2014年05月06日:1_仕事::koshio

New Topics
01/20:日本国民的不安・・・
01/19:とても嬉しい・・・(>_<)
01/18:気楽に休めたらねー・・・
01/18:阪神大震災・・・
01/12:2018年12月景気ウオッチャー調査・・・
Archives
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年05月
Search
Login
Links
新電機工業株式会社
SKITEM DESIGN WORKS