うんざりしますねー・・・

連日国会で、新任大臣の不始末を追求する野党・・・

法律を守るのは当然ですが、一日国会を開会すると約2億円程度の費用が掛かるとか聞いたことがありますが・・・

一生懸命税金を納める努力をし続けている私達国民の立場からしたら、もっと大切な議案をしっかり審議せんかいと言いたくなります・・・

私も経営者と言う立場から従業員の監督管理をする責任を持っていますが、人を指導管理することの難しさを嫌と言うほど体験しています・・・

私の経験からすると、ある程度は片目をつぶる度量がないと人は使えず動かすことは出来ません・・・

その点から見ると、最近の政治家に昔ほど太っ腹な人間性の豊かな人がなかなか見当たらないようになりました・・・

ま、原因はあまりにも法令を厳しく運用するために自縛状態になるからでしょうね・・・

しかし、追求する野党の議員さん達、自分の秘書さんたちのすることに100%責任をもてるのかしら・・・

立場を変えたら自分の姿にならないように十分にお気をつけて総点検をされた方が良いかも・・・

追求する野党の女性議員さんのフアッションを見てるとずいぶんお金を掛けたお洋服や装身具を身に着けておられ、国会議員はこんなに贅沢できるのかしらとふと思うのですが・・・

我々国民は、経済、安全、明るい将来を約束してもらえる国を作ってもらうために貴方方国会議員を選出しているのであって、週刊誌のネタ探しをしてもらうために一人年間2億円もの議員の費用を負担してるのではありませんよ・・・

土砂災害などの重要な法案の審議放棄までしてまで日々追及をを楽しんでる議員の脳みそが理解出来んなー・・・

こんなこと我々民間の会社でやっていたら崩壊して倒産間違いなしや・・・

テレビの映像で見る、追求する議員さんたちのすすけた感じのお顔は心の貧しさのせいかなーと思うおじさんです・・・

ぜひ、野党の立場であろうと、国民のためにもっと前向きな法案を提出する仕事をして欲しいですね・・・

26年10月28日
連日の如く、政権の粗さがしばかりしている野党にはうんざりや、こんな程度の議員やったら誰でもできるよなー・・・
もっと国民の未来に向けて有意義な法案を提出する位の知恵はないのか?野党の議員さん達は・・・
政権与党より立派な法案を提出して、国民をうならせてみる気概は無いのか?

ほんとに重箱の隅をつついて得意がってるようではみっともない・・・

日本国家は少子高齢化で人口減少が大問題になっているのに、いい加減に税金の無駄遣いはやめて欲しいものです・・・

しかし、与党の国会議員をはじめとして、議員諸氏のだらしのない金銭感覚には国民の一人としてあきれる思いが致します・・・

続きを読む

2014年10月24日:1_仕事::koshio

私事で恐縮ですが・・・

11月28日に神戸市の相楽園において、神戸市技能功労者表彰をうけることになりました・・・^^

実は市長の表彰を受けるのは今回で5度目になります・・・

表彰状・認定書・感謝状・宮崎市長の時代に1回、矢田市長の時代に3回、今回は久元市長よりいただくことになり、三代の市長から授与されることになりました・・・(喜)^^
何度いただいてもいいものですが、これも多くの皆様方のご支援があってのことと感謝申し上げます・・・^^

2014年10月22日:1_仕事::koshio

特許取得とノーベル賞受賞・・・

元、日亜社員であった中村教授が会社に対する強烈な怒りの言葉を投げかけ、感謝の言葉が無いのには人間的に心の狭い人と思え、私には共感出来ません・・・

私も特許を2件取得した実績があります・・・^^
しかし、特許を取得するに及んで、一番必要なことはその研究開発、及び諸手続きのために多額の資金と多くの人の補助を必要と致します・・・

もし、中村教授が自分の力と自己資金だけで特許を取得出来たなら自己主張することも納得できます・・・

研究開発に企業の経営資金を利用し、多くのスタッフの力を借りなければ実現できなかったのは間違いないことと思います・・・

企業は存続するためにあらゆる努力をしないといけませんが、たった1円の利益でも全従業員の努力と汗の結果でしか得られません・・・

その部署において自分の役目を果たした結果、大きな成果がでても決して本人だけの力であり得るはずが無いのです・・・

元日本人がノーベル賞をもらったことは大変喜ばしいことですが、人間的に欲と怨念の塊のような心の貧しい人の発言に対し、みっともなくて個人的には共感出来ません・・・

全て自分一人の能力と力でやったんやと自惚れて、自分の古巣を批判する言動には浅ましい人間性しか見えず、私のようなおじさんにはどうにもいただけません・・・

もし、この人が反対に経営者の立場ならどのような対応をするでしょうねー・・・

2014年10月18日:1_仕事::koshio

太陽光売電システムの矛盾

太陽光発電はお天気次第で、発電が瞬間に100~0 に、当初から技術的に限界のあるシステムなのです・・・

この度、太陽光発電の買い取りを中止する電力会社が続出していますが、技術屋から見れば当然の流れなのです・・・

水道設備を譬えにして簡単に説明しますと、水を配水場から一般の需要家まで送水するために配管が必要ですが、配水場から末端の需要家までの配管サイズは徐々に細くなっていきます・・・
これは経済的にも当然の理由です・・・

今回の太陽光発電は、大きな発電設備設置をするには広大な土地が必要ですから田舎やゴルフ場などのような人里離れた土地に設置することになります・・・

当然、変電所から遠く離れた末端のほうに設置されることになりますが、水道の配管と同じで、変電所から一般需要家の末端に至る配線は電気の使用量に合わせた機器類や配線サイズで送電されています・・・

そのようなシステムで送電されていますので、今回の太陽光発電設備は一番末端に大容量の発電設備を接続することになるのですから、逆流することになり、当然ながら電線の許容電流や変電設備の容量をオーバーすることになります・・・

周囲に電気の大消費地を控えている都市や工業地帯なら地産地消のように発電した電力を地域で消費することが出来ますが、田舎や山奥の遠隔地で発電された電力は逆送電が必要になります・・・

今回、税制の特典や27年4月から買い取り価格が4円下がるとの理由により、儲かる今がチャンスと一気に太陽光発電設備に投資する企業や資産家が現れました・・・

当然こんなことが起きることは想定の範囲で、あまりにも身勝手なコメントをしたり,
買い取りを続けろと無理を言う県知事さんなどの発言は勉強不足丸出し・・・

もっと術術屋の意見をしっかり聞くべきですね・・・

どんなビジネスもリスクは必ずあるものです・・・

電力会社が送電網を整備するにも土地の買収や設備の更新に多額の費用や時間が必要で、技術的な問題も多々あり、ほんとに長期間を要するものです。

お金だけでは解決しない電力事業者の事情も少しは勉強する必要があるのでは・・・

当然ですが、電力会社は、もっと実情をはっきり知らせるべきです。
投資の被害者が増えないうちに・・・

ご参考に、弊社は22000V4000KVA重量約8トンのトランス更新工事を受注していますが、参考までに申し上げますとこの工事を完成させるのは来年の5月・・・
つまり、受注して約7か月後になります。

たった一台のトランスを更新するのに7か月の期間を要するのです・・・
電力の送電システムを変えることを考えたらどれほどの時間をようすることになるのか、このような現場の事情も知らず法律を振りかざしたり安易にシステムを更新できるとのたまう元国のリーダーのなんと能天気なことかと・・・

断っておきますが、弊社は電力会社から仕事は一切いただいていません・・・

技術屋の立場から、技術的に、物理的に物事を判断しています・・・

2014年10月13日:1_仕事::koshio

うちわ国会・与野党どっちもどっち・・・

馬鹿らしくて見ても聞いてもいられない国会議員の討論・・・

けち臭いことやる方もやる方だが、言う方も言う方ですねー・・・

今、自然災害などでどれ程国民が悲惨な思いをしているかと言う時にまるで痴話げんかの様子にはあきれる・・・

国民の血税を使っている意識の欠片も無いような低レベルの討論をテレビ見て、聞いて、非常に情けなく思います・・・

週刊誌にゴシップネタを提供して大騒ぎしてる時ではないやろと思うが・・・

日本国民として、ノーベル物理学賞を受賞したお三方の紳士の爪の垢でもいただいて飲んではいかがでしょうか・・・

60代のおじさんはほんとに情けない思いをしています・・・

2014年10月08日:1_仕事::koshio

New Topics
01/20:日本国民的不安・・・
01/19:とても嬉しい・・・(>_<)
01/18:気楽に休めたらねー・・・
01/18:阪神大震災・・・
01/12:2018年12月景気ウオッチャー調査・・・
Archives
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年05月
Search
Login
Links
新電機工業株式会社
SKITEM DESIGN WORKS