日本は活気が無い・・・

中国人から見ると日本は活気が無いらしい・・・

生活リズムが早い、追い立てられている・・・

こんな評価をされているらしい・・・

それはそうでしょう・・・

働き方改革、これは時間に追いまくられて仕事をし

なさいと言うことです・・・

政府は簡単に休みを作れ、残業をするな、給与を

上げろと号令をかけていますが、実際にこの条件を守れるのは公務員のみなさんだけかも知れません・・・

民間企業は受注を増やし、売り上げを増やし、利益を増やさないと待遇改善など、とてもではありませんが無理なのです・・・

その上、景気が良いのは当たり前、人口減少を恐れもせず、定時で仕事を終えて帰るのが当たり前の若手社員・・・

どこの企業でも中堅社員の方々はこのように嘆いています・・・

業務の効率化、聞こえは良いが、これが大変なのはみなさん百も承知・・・

そんなに急いでどこへ行く・・・(>_<)

法的ルールばかり厳しくすれば良いと考える能天気な政治家・・・

人間性がどんどん失われていきつつあるようです・・・

弊社は、新本社に移転14年目になっていますが、この間毎年昇給をしてない年はありません・・・

リーマンショックの時でさえ・・・

近年は休日も毎年増加させ、残業時間も減少させています・・・

でも、社長の私は魔法使いでもマジシャンでも聖徳太子でも神さんでもありません・・・

毎年少しでも働く従業員さんの待遇を改善するために、ひたすら努力を続けています・・・

多分、社長の私の年間労働時間は弊社で一番多いいだろうと言えます・・・

中国人の方々から日本人は活気が無いと言われているとの事ですが、昭和の頃のように活気ある人間同士の温かみが懐かしいです・・・

何でもルールさえ作ればよいと思っている、今の政治家、行政、労働組合、人間性を忘れていないかと言いたいですね・・・

人間はロボットではないのですから、均一な労働能力など持ち得てません・・・

文句を言えば楽になると思っている人たちが増えて来ましたが、政治の貧困そのものを表しているのでしょう・・・

貧しい国でも人間の活気がある国の人達の方が活き活きと暮らしているのは皮肉ですね・・・

50年先、この国は存在しているのかしら・・・



2018年03月31日:1_仕事::koshio

少し見守ることは出来ないものなのか・・・

相撲界のごたごた・・・

あまりにも周囲のマスコミを始めとして、芸能人、元知事、好き勝手に人を批判し過ぎますよね・・・

20歳と言えばまだ今の時代では子供のようなもの・・・

批判ばかりしか出来ない人達を見ていると、ほんとにみっともない汚い人間性丸出し・・・

若い時は誰にでも少しの行き過ぎはあるものです・・・

なぜ、おおらかに永い目で見守ることが出来ないのかと日本人としての精神を疑いたくなります・・・(-_-)

マスコミは誰が言った、どうしたと、口を開けば聖人君子のような言葉を並べる批判者を煽る、自分達も沢山の間違いを犯してきてるはずなのに・・・

貴の花親方の態度もあまり好ましいものではないと思ってはいましたが、自分が火の粉を被る決心をしたのはよくよく考えて悩んだ末のことかと思います・・・

多くの人達は格闘技の世界に生きる人間の本質をほんとうに理解出来てもいないはず・・・

この世界で生きるには強いと言うことが大前提で、気性が荒くなければ続けられない世界に生きる人たち・・・

私にはとてもではないが、相撲の世界では生きられません・・・(>_<)

人の心は非常に弱くて瞬時に変化をしやすい、それがあるべき人間の命・・・

悩み苦しむと言うことが少しでも理解できるなら、大騒ぎせず事態の推移を見守る度量が欲しいと思う次第です・・・

今回は弟子の起こした出来事で、悩み苦しんだと思います・・・

貴の花、横綱として一世一代を風靡し、我々国民を楽しませてくれた時もあったはず、困った人間を叩いて金儲けするやからのような人間性は持ちたくないものです・・・(-_-)

落ち着いた相撲界になるよう、楽しませてくれる相撲であって欲しいと思う次第です・・・

大横綱であったとしても人間的には若いため、周囲が見えなくなっていたようです・・・

若気の至りという大きな体験は貴乃花親方の将来に大きな成長のかてになることでしょう・・・

気づき反省した若い人に対し、マスコミも有識者も、もう少し大きな視点で応援するくらいの対応があってもよさそうに思えます・・・(-_-)

私は最近のマスコミの報道や芸能人が人を批判する風習が大嫌いです・・・

金儲け主義、まるで天に唾するように見えます・・・

日本の人口100年後には6000万人になる国・・・

もう少し前向きに明るい国造りが出来る賢いマスコミに変って欲しいものです・・・


2018年03月26日:1_仕事::koshio

人生はゲーム・・・

社長という経営者の立場にいますと、「悲喜こもごも」この言葉を味わうことの連続です・・・(-_-)

「至福は糾う縄の如し」

必ず代わる代わる幸福と苦しみを味合わせてくれるものです・・・

しかし、経営者は嫌なことがあっても落ち込んでいる訳には行きません・・・

背中に従業員やそのご家族、そしてお世話になるお客様や地域社会・・・

責任と言えばやはり大きなものです・・・

経営者は自分の弱い心を支えるために「経営理念」を掲げています・・・

理念という言葉の意味は「こうあるべき」

経営とはこうあるべきと言う想いうを理念、指針として掲げて自分の心の迷いを戒めているのです・・・

「気持ちの持ちようで運は微妙に変化する」

良い運を望むのであれば、常にポジティブな気持ちを大切にすることが必要。

様々な出来事に対して、一生懸命努力をし、活路を開く・・・

会社の経営も人生もゲームなんだと最近つくづく思う次第です・・・!(^^)!

沢山の人々の力をお借りして、楽しいゲームをしたいと思います・・・

2018年03月25日:1_仕事::koshio

どうしようもない、政治家とマスコミ・・・

毎日森友問題をマスコミが報道しない日がありません・・・

少々うんざり、食傷気味・・・

諸外国に笑われる・・・m(__)m

一度、この問題の根源はなにか考えて見たら・・・

一番の問題、諸悪の根源は森友学園当事者の籠池氏にあることです・・・

彼が欲に目が眩んで、著名な政治家や呑気で世間知らずな関係者を利用しなければこのような問題は起きず、財務省の役人さんの自殺も起きなかったことです・・・

当然ですが、忖度という有名な言葉も生まれなかったことでしょう・・・

利用された方も脇が甘いと言えばそれまでですが、狡猾な人間に人は騙されやすいものです・・・

本来、責めるべき相手は籠池氏であるはずだと思うのですが、マスコミも野党も単に劇場の主役に利用しているだけ・・・

その問題を外して、野党の政治家やマスコミに対し、籠池氏がまるで被害者のような立場で対応してる姿を見るとなんとも不思議で滑稽な気が致します・・・(>_<)

籠池氏は日本国民に多大な迷惑と損害を与えてくれていますが、我々国民に対し、不思議なことにお詫びの言葉さえ言いませんよねー・・・

事件発生以来、籠池氏が自己弁護に終始する姿しか見ていませんが、我々国民は馬鹿にされているのでしょうか・・・

事件の張本人の姿勢、まずはそこから考えて見ても良いのでは・・・

世界は激変しているのに、重箱の隅をつつくことしか出来ない政治家の馬鹿さ加減にもうんざり・・・

もともと、お役人さんの責任を法律できちんと定めていなかった与野党の政治家に今回の責任はあると思いますが、オジサンはこんな風に思う次第です・・・

世界は激動しているのに、呑気なひとたちばかりで、平和ボケしてるのでしょうか・・・(-_-)


2018年03月24日:1_仕事::koshio

若い頃の自分・・・

若い頃からいつも少し遠いい目標を持っていたように思います・・・

何ごとによらず目の前の損得だけで物事を選択すると、必ず後でしまったーと思うことが多いいものです・・・

人を驚かすことが好きで、先輩から事前に翌日の仕事の予定を聞き、その夜は深夜まで翌日する作業の練習をし、当日現場で先輩から指示を受け、涼しい顔でテキパキと作業をして見せると先輩が唖然とした顔をして驚いていました・・・!(^^)!

また、仕事において何でも工夫をするのが大好きで、今のように工具も資材も十分になかったので、自分でいろんな工具類を作ったり、作業の工夫をして、改善をするのが面白く、大好きでした・・・

20代の半ば、技能オリンピックに出たいと思うこともありました・・・

丁度そのころ、兵庫県電気工事組合主催の電気工事技能競技大会があり、選手として出場し、三位に入賞し、銅賞、県知事からも表彰を受けました・・・

競技大会が初めてでしたので、ルールをよく知らず、2時間の持ち時間を30分で作業を終え、多分1番早い完成だったと思いますが、完成後試験員に届け出をするルールを知らず、私は呑気に掃除をして待機をしていたのですが、知人の会社社長が、
私に早く届け出をしろと注意をして下さり、慌てて作業完了申告致しました・・・

結果は約5分ほどの違いで3位・・・

優勝した大手企業の選手が私の作品をみて、出来ばえでは負けましたと言ってくれたのが慰めの言葉に・・・

しかし、ルールをよく知っていたなら優勝もありえたと今でも残念な思いはあります・・・

社会では何事もルールの世界、ルールを破って得をすることはありません・・・

合せて、私に注意をして下さった社長のお陰で3位入賞を得られたことに感謝しています・・・


20代の後半になり、若手の優秀な後輩がどんどん仕事を覚えるのを見て、これは体力勝負ではいつか追いつかれ負けてしまうと言う危機感を覚えるようになりました・・・

その結果、体力勝負や技術力の勝負でなく、人間力で成長をすることが大切だと思うようになっていきました・・・

10代の後半から絶えず責任者として仕事を任されていましたので、自分が使う人は全て年上の人達ばかり・・・

おじさんのような年齢の人に作業の指示をする大変さを嫌と言うほど味わいました・・・

お陰様で、人付き合いの大切さを知ることが出来、そのためのコミニケーションの取り方も自然と身に付いたものと思えます・・・

「若い頃の苦労は買ってでもしろ」と私の年代の人達は先輩からよく教えられたものです・・・

さて、今の時代の新人の皆さんはどうなのでしょう・・・

頭が良い、賢いことに掛けては私たちの世代より相当優れているように思えます・・・

ビジネスにおいては残念ながらその優秀さを充分に活かされていないように思えます・・・

人の心、生命は非常に繊細で弱く、瞬間瞬間に変化をするもの・・・

そのような心を持つ人間の本質は、平安時代も江戸時代も現在も変わらぬものだと思います・・・

それに対応するには、自分の目標を明確にすること、経営者が経営理念を明確にするのは自分の目指す方向を見失わないようにするためです・・・


いかにパソコン、スマホ、AI、IOTの時代と言えど、環境が変化するだけで、衣食住に対する物質的な欲望、好き嫌い、愛情など人間の本質は変わっていないと言えます・・・

人間として楽しく面白く生きるために、人と人との関わり方、もう一度じっくり思考してみてはどうでしょう・・・

人を楽しませ、喜ばせる、お互いにそんな人間同士の付き合い方が出来れば大変な仕事、辛い仕事も楽しく面白く出来るのではないでしょうか・・・

映画「三丁目の夕日」昭和の時代のおおらかな日本人、生活は厳しく大変でしたが面白い人間性豊かな時代を体験出来てほんとに幸せ・・・!(^^)!

若い世代はマスコミに踊らされず、人を大切に、自分の力で考えることを大切にして欲しいものです・・・(-_-)







2018年03月21日:1_仕事::koshio

教育の世界に政治は・・・

名古屋の中学校で、前文部科学省次官の前川喜平氏が講演したことが大きな社会問題になっていますね・・・

私の疑問は、校長がなぜ自分が校長を務める中学校の生徒にこの人の講演を聞かせたいと思ったのかという事・・・

前川氏が元文部科学省の次官だったと言う経歴を持って現在反政府的な発言活動をしていることを承知で講演を依頼したのか・・・

又は不祥事を起こして退官したことを無視しての事なのでしょうか・・・

まだ政治のことを充分にわからない子供たちに政治問題の渦中にいる当事者の講演を聞かす目的を興味本位ではありますが、私も知りたいと思いますね・・・

校長が何を目的に講演を依頼したのかそこが知りたいと思います・・・

少なくとも、中学生に政治的影響を与える内容の講演を聞かしていたなら大きな問題ですから、文部科学省が内容を問うのはある意味自然だと思いますが・・・

それによってペナルティーを与えるのなら、それはまた別の問題になるかも知れませんが・・・

もし、私の孫がその中学校に在学していたら、多分私も講演の内容を知りたいと思うでしょうね・・・

中学生の時期は精神的に微妙な年齢ですから、前川氏のように政治的な活動をされている人を講演者に選ぶのはよろしくないかと、オジサンは思う次第です・・・(-_-)

しかし、昔ならこんな大騒ぎをすることはなかったと思いますが、こんな情報を誰がなんの目的でマスコミに通報しているのでしょうねー・・・

おおらかさが無くなって恐い時代になったと思う次第です・・・

人間社会、少しは車のハンドルのように遊びが無いと息が詰まるようなギスギスした社会になり、楽しくないですね・・・(-_-)

2018年03月20日:1_仕事::koshio

後でしまったと悔やむこと・・・

ゴルフをしていて思うことですが、しまったーと思うプレーをしてることが度々あるのです・・・(>_<)

ショットした後で気づくのですが、もう少し冷静に状況を判断して、真剣な気持ちでショットをしていればしまったと思わなくて済んだのにー・・・

実は、ゴルフの回数は多くて1年間に10数回程度なのですが、会社の関係でお付き合いが必要です・・・

年数はもう30年以上の経歴があります・・・!(^^)!

ゴルフは非常に精神的な影響が大きなスポーツと言いますか、かなりの思考力が必要です・・・

ゴルフの後でいつも反省することですが、もう少し真剣に落ち着いてプレーをしていればスコアーは確実に数打は良かったのにー・・・

もしかして自分は仕事面においても、同じような過ちを犯しているのかなー・・・

このようなことを思って反省をし、何ごとも慌てないように気を付けることを心掛けています・・・(-_-)

多くの人達も多分同じような思いをすることが多々あると思うのですが、「あわてる乞食は貰いが少ない」このようなことわざもあることですから、目先の損得にこだわらず、自分の生き方を少しじっくり見る習慣を身に付けてみてはいかがでしょう・・・

特に若い人には、少し長い目で物事を考えることを勧めたいですね・・・!(^^)!

ところで、最近の政治の世界では森友学園問題一色ですが、テレビの司会者がさも自分の意見が正しいように綺麗な言葉で聖人君子の如く批判している姿が本当に正しいのか自分自身でじっくり考えて判断して見ることも大切な気が致します・・・

どうもこ日本人は国民性と思われますが、マスコミの報道に単純に反応して発言や行動を起こすようですが、もう少し落ち着いて物事の判断をした方が良いと思えます・・・

大多数の国民はしらけながら見ているのが実態だと思いますが、政治家は国民の将来のためにもっと重要な政策を真剣に議論して欲しいものです・・・

そもそも、書類の書き換えや、偽証に対する法律的な罰則を明確にすることの方が先ではないのかな、それからじっくり問題を解明するれば良いと思いますが・・・

政権交代が目的の議論、税金の無駄遣いだけはやめて欲しいものです・・・

国会議員さん達、しっかりしてや、少子高齢化の人口問題や、諸外国との外交問題が山積してるんでしょ・・・(?_?)



2018年03月19日:1_仕事::koshio

なんでやろねー・・・

最近の政治問題、一番気になるのはオーバーヒート的に報道するマスコミの姿勢・・・

とうとう自殺者まで出してしまったが、あまりにも劇場的に報道するマスコミの姿勢・・・

新聞が売れ、雑誌が売れ、テレビの視聴率が上がり、評論家や無責任で二束三文の芸能人のコメントが持てはやされる・・・

その会社や社員従業員、評論家や芸能人は潤う・・・

ほんとにそれでいいのかしらネー・・・(-_-)

その結果、関係者の自殺、家族は悲しみ苦しんでいるのに、それをまた煽る報道・・・

この国のマスコミはほんとに低俗化してしまった・・・

野党の政治家は自分たちの政権争いに利用するのみ・・・

この国の国民の将来に関する前向きな取り組み方は全く見えない・・・情けない(-_-)

事件なのであれば、専門分野の組織を作り、原因の解明に取り組めばよい・・・

その経過、結果を国民に公正に報道することは出来ないものなのか・・・

世界は瞬時にも激動しているのに、一つの問題に国の総力を挙げて乱痴気騒ぎをしている場合ではないと思うのだがなー・・・

国家予算が成立しないと、日本の経済は停滞し、それこそ社会のあらゆる経済活動が停滞し、不況も起きかねない・・・

経済的理由により、不幸を招く人々も多発することに・・・

野党は言葉遊びを楽しんでいるのか、それでは政権を取っても、我々が望む幸せな国を作ってもらえることはあり得ない・・・

100年後の日本人口は6000万になると、損保ジャパンの人口統計資料に書かれてありました・・・

政治家やマスコミは日本の国をどうしたいのでしょう・・・

100年の大計を考えられる政治家の出現をぜひ期待したいものです・・・

金さえ儲ければ良いと見える、暴露趣味のマスコミは大嫌いやなー・・・

ま、オジサン経営者の勝手な意見ですが、孫の時代の日本、ほんとに安心して暮らせる日本にしていきたいものです・・・(-_-)

2018年03月16日:1_仕事::koshio

朝の朝礼で・・・

今朝の朝礼で、若手社員からとてもいい話がありました・・・!(^^)!

現場で一緒に仕事をする協力業者の人達・・・

彼にとってはその大多数が歳上の職人さん・・・

発言はコミニケーションの大切さについてでした・・・

自分の知識が勝っていても、お互いに気持ちよく仕事をするためには、意思の疎通は欠かせないものです・・・

彼曰く、職人さんとよく話しあったら仕事がとてもスムーズに出来るようになったと喜んでいました・・・

朝礼の後、コミニケーションの大切さによく気がついたねーと一言声をかけました・・・

社長の補足、歳上の人を使う立場はとても難しいが、自分の知識が勝っていても、先輩を立てて、この部分はこうしたいのですが、お願い出来ませんか・・・

一歩引いてお願いする姿勢が、相手に自分を認めさせる方法ですよと・・・

40代50代であろうと、自分の事しか考えられない人たちはずいぶん多いいのが現実・・・

このように、コミニケーションの大切さに気付けたことで、彼はきっと人間的に器が大きくなったことと、とてもうれしく思いました・・・

今後の更なる成長を楽しみにしたいものです・・・

私の年齢になりますと、歳と共に人間のエゴが見えるようになり、精神的に嫌な思いをすることが多くなります・・・

心の余裕を持てる若い人を育てたいと日々努力をしていますが、個人主義の時代になり、人材を育てるのが本当に難しいと感じる次第です・・・

人間の器が大きくなれば、気苦労もありますが、やりがいは増し、その結果は必ずついてくるものです・・・

目くそ、鼻くその損得を思う人間はしょせん自分も心の充実感を得られない人生を送ることになります・・・

今朝はほっと温かいものを感じてうれしくなりました・・・(^^♪





2018年03月15日:1_仕事::koshio

10年先を考える・・・

10年先を考えて取り組みをする・・・

人間は思った以上に賢くも、能力も高くないのでは・・・

10年先を考えてと言うと、そんな先の事わからないやろと言われるでしょうねー・・・

後で聞いた話ですが、以前弊社を退職した社員が、退職理由に、この会社の10年先が見えないからと言ってたと聞きました・・・m(__)m

それはそうだろ、大企業でさえ倒産する時代、でも弊社は今年の4月に創業43年目を迎えます・・・!(^^)!

ところで、人間は10年先に実現させる目標を掲げて行動するのは正しいかも知れません・・・

例えば、親は子供たちを良い大学を卒業させようと、幼稚園の頃から英才教育を致します・・・

高校3年生で目標の大学を受験することになるのです・・・

小学校6年間、中学校3年間、高校3年間、併せて12年間、義務教育の9年間と高校の3年間・・・

目標は12年後を目指してですよね・・・

その遺伝子は確かに生きていると言えませんか・・・

確かな目標を作り、10年間以上努力を続け、一歩一歩努力をしてこそ目標を達成しているのです・・・

ビジネスの世界においても、その遺伝子を活かすことが出来れば、自分の夢を叶えることも可能だと思うのですが・・・

若い人たちにとって、10年間は決して永い時間ではありません・・・

政府の働き方改革が、決して明るい自分の将来を作ってくれることにはなりません・・・

全ては自分の努力次第、損保ジャパンの人口予測によれば、100年後の日本の人口は約6000万人とか・・・(-_-)

激減する人口、厳しさは想像を絶するかも知れないですね・・・

頼りになるのは自分自身ですよー・・・

今のうちに10年計画で自分の能力を高めておいた方がいいと思いますねー・・・オジサンの心配です・・・

2018年03月14日:1_仕事::koshio

今日は久しぶりに・・・

今日は朝一番、お取引先のお客様から、漏電警報が発生したから電気の配線を調べて欲しいとのお電話・・・

周りを見渡すと、男子社員はみんな現場に出かけてしまっていません・・・

設計の技術担当者一名が在席しているのみ・・・

すぐ行きますとは言ったものの焦りましたーm(__)m

仕方がないので、取りあえず、技術担当の社員と一緒にお客様のところへ出向き、応急処置をして帰社・・・

そこへ、別のお取引先の社長様から、故障で設備が止まりましたと泣き顔付きのメール・・・

アラーと、思うが、また技術の社員同伴でお客様を訪問、制御機器の故障で代替品が無い・・・

メーカーの代理店に緊急手配をお願いして、改修工事の手配・・・

帰社後、また朝方のお客様の対応に、今度は別の技術担当者を同行し、何とか朝方の漏電の原因を確定し、無事に復旧、お客様に感謝され、やれやれほっとした思いで帰社・・・

電気設備の故障や不良はやはり私たちプロでなければ直せない危険な設備です・・・

今日は久しぶりにお客様の困りごとに対応対処させて頂きましたが、身に付けた技術力は錆びないものです・・・

この技術をETのように指先で若い人に継承出来たらどんなに素晴らしい事でしょう・・・

残念ですが、各自が自分の努力で身に付けてもらうしかありません・・・

2018年03月13日:1_仕事::koshio

50%50%の事実・・・

昨日、3月11日は東北大震災の日・・・

無くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます・・・

私の住む阪神地区も大震災に見舞われましたが、自然災害は一瞬の内に人知の及ばない様相を与えます・・・

所詮人間の考えられるレベルではありません・・・
人間は万能の神ではないと言うことも知るべきでしょう・・・

良くも悪くも我々人類は地球に住んでいるのですから・・・

昨日、バラエティ番組で、コメディアンの欽ちゃんの考え方を取り上げていましたが、いいことも悪いことま50%対50%だと言う考え方を持って生きてきた人のようです・・・
あるがままを素直に受け入れることも・・・

悲しい時は素直に涙を流し泣けばいい、私も悲しくて涙を流したことが幾度もありました・・・

そこから前向きに生きる大切さも・・・

「禍福は糾える縄の如し」幸福と不幸せは交互にやって来ると言う意味・・・

幸せも不幸せも永遠には続かないと理解し、いい時は天狗にならず、悪い時は悲観せず、自分の心を保ちたいものです・・・

人生には運の良し悪しがある・・・

気持ちの持ちようで運は微妙に変化する・・・

私はとても運の良い人間だと思っていますが、日常的に明るく前向きに生きる努力を続けています・・・

きっとその生き方に、運が寄ってきてくれるのでしょう・・・!(^^)!





2018年03月12日:1_仕事::koshio

働き方改革・・・

なんとも耳障りの良い言葉ですが、ほんとは働く仕組みを変えないといけないのですから大変な時間と働く人の意識を変える必要がある・・・

しかし、役人や国会議員は数字だけ決めれば国民は動くと言う極単純な考え方しかできていない・・・

働き方改革をしようと思えば当然ですが、利益を必要とするのです・・・

時間短縮、休日増加、でも、社員や従業員の給与を減らしていいのですか???・・・

大手企業は3%の給与UPをするために、原資となる利益を稼ぐことが必要になりますが、そのためには経費や製造原価を下げる必要があります・・・

そのしわ寄せはどこに来るのでしょう・・・

当然のことと思いますが、まず考えられるのは下請けに当たる中小企業へのしわ寄せ・・・

日本の90%を支える中小企業にしわ寄せが来るのは極自然なことです・・・

果たして、多くの中小零細企業はその負担に耐えられるでしょうか・・・

「角を矯めて牛を殺す」牛の曲がっている角をまっすぐに直そうとして、かえって牛を死なせてしまうことから、小さな欠点を直そうとして、かえってだめにしてしまうことの例え・・・

働き方を改善すること自体はいいことです・・・

しかし、政府の提唱する働き方改革の裏に隠れていることは、少子高齢化による税収不足・・・

なぜ働き方改革を政策として唐突に進めるのかもう少し、はっきり理由を国民に示すべきでしょう・・・

単純に喜べない事実があり、昇給イコール、社会保障費、税金UPの現実・・・

弊社もこのような厳しい現実から逃れることは出来ませんので、経営者として働く社員や従業員の将来を考えないわけには行きません・・・

人は100人100色、能力も意欲も責任感も個性も違います・・・

どう活かし、この難問に対応対処すべきか非常に悩ましい現実・・・

弊社はもう数か月で、例年の昇給月になりますが、経営者としてどう答えを出すべきか思案の日々です・・・

働く社員にとって、生活の改善を望むのは当然のことですから・・・

しかし、社長は聖徳太子でもなく、神様でもなく、スーパーマンでもないのです・・・

経営者はマジシャンでもありません・・・

一緒に働く社員の皆さんの真剣な協力があってこそ可能なことです・・・

政治家やお役人さんはそれをご存知ですか?・・・







2018年03月10日:1_仕事::koshio

10年先を考える・・・

弊社は今年の4月1日で創業43年目を迎えます!(^^)!

よくやって来れたなー、これが正直な気持ちです・・・

創業時から思うと今の会社の状態は夢のような気が致します・・・

お金なし、お客様なし、仕事なし、社員無し、信用なし、知名度なし、何一つ無い、無い無い・・・

それが創業スタートの状態・・・

しかし、4月1日(エイプリルフール()を創業日に選んだのは、そんな時でも少しは遊び心を持っていたと言う確かな記憶があります・・・!(^^)!

あったのはやる気まんまんの意欲と行動力を伴う若さだけ・・・

当時は「明日の事さえわかりはしない」こんな歌の文句がありましたが、正にその通り・・・

朝6時半頃に家を出て、帰宅は夜の12時頃、下請け仕事でただひたすら家族を養うために無我夢中で働いたものです・・・

帰宅して、子供たちの寝顔を見るのが唯一の楽しみ・・・

朝早く出て、夜は子供が寝ている時に帰っていたものですから、子供たちは父親の顔を忘れ、たまに顔を合したら、よそのおじさんと勘違いされ、怖がって泣きじゃくる姿を見て、ほんとに悲しい思いをしたものです・・・

あれから43年目、!(^^)!今思うことはこれから10年先の弊社のあるべき姿・・・

小さな会社は中期計画のような短期勝負ではなく、10年先に存在感を残せる会社を目指すくらいの取り組み方をしないといけないように思います・・・

何ごとも一歩ずつステップアップしていけば必ず目指す目標に到達するのではないでしょうか・・・

10年後でも存在感を示せる会社を目指し、私は次の行動を開始しています・・・!(^^)!

何ごとも焦らず一歩ずつ着実に・・・

若い人たちは、スマホの時代に育ち、何でもすぐ物事が叶うと勘違いしているように見えます・・・

環境は変わっても、人間の中身、心は平安時代と何ら変わりないのです・・・

泣く、笑う、喜ぶ、人を楽しませる、人を喜ばせる、人を愛する、そんなことに生きがいを覚えるのが人間だと思います・・・






2018年03月08日:1_仕事::koshio

New Topics
01/20:日本国民的不安・・・
01/19:とても嬉しい・・・(>_<)
01/18:気楽に休めたらねー・・・
01/18:阪神大震災・・・
01/12:2018年12月景気ウオッチャー調査・・・
Archives
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年05月
Search
Login
Links
新電機工業株式会社
SKITEM DESIGN WORKS