システムリニューアルをお手伝いします


既設インバータ リニューアル

 インバータはコンデンサ等の部品寿命から、定期的な点検・交換が必要になります。 旧機種については、部品供給が終了し修理不可能な場合もあり、不意の故障により生産設備に大きな影響を与えることもあります。
 お客様の設備を安心してお使い頂くためにも、計画的なリニューアルをお勧めいたします。

リニューアル前 リニューアル後
リニューアル前 リニューアル後

・取付寸法が異なる場合は、既設盤の改修を行います
・アタッチメントなどにより、取替え作業時間の短縮を図ります
・インバータのオプジョン機器の追加変更にも対応します
・各種パラメータの設定及び動作確認を行います

商用運転からインバータ制御への切替え

 送風機(ファン・ブロア)やポンプ負荷などのダンパ制御による商用運転設備を、 インバータ制御に切り替えることにより電力量の削減が可能となり、省エネ効果が期待できます。
 省エネルギー対策として、既設設備へのインバータ制御の導入をご提案いたします。

ブロア運転特性(参考)
運転特性
 流体を制御する機械の回転力(トルク)は速度の二乗に反比例します(二乗低減トルク負荷)。 また送風機の回転速度を小さくして流量を少なくすると 、必要な動力(電力)は回転速度の三乗に比例して小さくなります。
 つまり、風量を1/2にすると回転力は1/4、動力は1/8になり、大きな省エネ効果が得られます。